ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Heckler & Koch
ドイツ・バイエルン州警察の新制式ピストルに、国産の「H&K SFP9(=欧州市場向け「VP9」)」となったことが分かった。SFP9は「Striker Fired Pistol」の名が示す通りのストライカー式ピストル。

州都ミュンヘンでおこなわれた州内務省の記者会見で明らかになったもので、現行「H&K P7」からのリプレイス費用はおよそ3,000万ユーロ(=約40億8,000万円)。2019年までに35,000名の警察官が手にすることになる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Wikimedia Commons
    1979年から州警察の「サービスピストル」に在位していたHK P7だが、2008年にその製造が終了。一方、トライアルに向けて昨秋紹介されたH&K SFP9は、「SIG P320」「ワルサーPPQ M3」と他1種の計3種によるコンペの末に勝利。その過程では1,100名の警察官もテストに参加している。

    コンペを勝利に導いた決め手は、①HK P7と比べて大きく軽量化が図られたことと、②装弾数が8発から15発へと倍増近くなっていたことが挙げられている。常時携行する道具であることと、凶悪なテロリストへの対応がその背景にある。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言
    オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言 (2018-02-22 14:12)
     オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入 (2018-02-22 12:57)
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop