ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Heckler & Koch
ドイツ・バイエルン州警察の新制式ピストルに、国産の「H&K SFP9(=欧州市場向け「VP9」)」となったことが分かった。SFP9は「Striker Fired Pistol」の名が示す通りのストライカー式ピストル。

州都ミュンヘンでおこなわれた州内務省の記者会見で明らかになったもので、現行「H&K P7」からのリプレイス費用はおよそ3,000万ユーロ(=約40億8,000万円)。2019年までに35,000名の警察官が手にすることになる。

Photo from Wikimedia Commons
1979年から州警察の「サービスピストル」に在位していたHK P7だが、2008年にその製造が終了。一方、トライアルに向けて昨秋紹介されたH&K SFP9は、「SIG P320」「ワルサーPPQ M3」と他1種の計3種によるコンペの末に勝利。その過程では1,100名の警察官もテストに参加している。

コンペを勝利に導いた決め手は、①HK P7と比べて大きく軽量化が図られたことと、②装弾数が8発から15発へと倍増近くなっていたことが挙げられている。常時携行する道具であることと、凶悪なテロリストへの対応がその背景にある。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop