NEWS

ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表

海外軍事

Photo from Soldier Systems Daily (SSD)
アメリカの老舗コンバットブーツメーカー:ベルビル(Belleville Boot Company)が、新型ジャングル戦闘ブーツ(JCB:Jungle Combat Boot)『ビルマ(The Burma)Style# 901 V2』 を発表した。戦術装備ニュース情報サイトのソルジャー・システムズ・デイリーが独占スクープとして伝えている。

ハワイの米陸軍スコフィールド・バラックス基地に 400 足を提供する契約が既に結ばれており、米陸軍第 25 歩兵師団 第 3 歩兵旅団戦闘団とジャングル・オペレーション・トレーニング・センター(JOTC:Jungle Operations Training Center)がフィールド試験を行う。

関連記事:
米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    『ビルマ』は、米陸軍による JCB フィールド試験に提供された試作モデル(バージョン 1)の改良版(バージョン 2)となる。ベルビルは、軍から提供された試験結果を踏まえて ― バージョン 1 より軽量、ポリウレタンミッドソールの厚さを減らす、排水構造の強化、吸水機能の見直し、速乾性の向上、泥地でのグリップ力を追加 ― といった目標を掲げて改良に取り組んだ。

    『ビルマ』の主な特徴は ― フルグレイン防水レザー、両側面に配置した排水孔(ドレインホール)、ビブラム製パナマ II アウトソール(MEGAGRIP コンパウンド配合)、ポリウレタン直接注入構造 ― となっている。

    今年 10 月末にスコフィールド・バラックス基地へ納品され、晩秋には AAFES(Army and Air Force Exchange Service:陸空軍生活品販売業務)を通じて販売を開始する予定である。

    関連記事:
    米陸軍が2個旅団協力の下で新たなジャングル戦闘ブーツのフィールド試験を実施 - ミリブロNews
    米陸軍が太平洋戦域での利用を見据え、2017 年末までに新たなジャングルブーツの支給を計画 - ミリブロNews

    Text: 弓削島一樹 - FM201709

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop