【映画】全世界待望の新作『Blade Runner 2049』のトレーラーが公開

映画・テレビ
SF映画の金字塔『Blade Runner(ブレードランナー)』の続編となる『Blade Runner 2049』の公式トレーラーが公開されました。
ちょっとだけ内容を説明すると・・・
まず冒頭の雰囲気からして前作を踏襲したイメージに。

Capture screen from Warner Bros. Pictures official YouTube channel
前作から30年後の2049年が舞台になります。

こんなシーンも見覚えありませんか?

Capture screen from Warner Bros. Pictures official YouTube channel

そしてこのブラスターも!

Capture screen from Warner Bros. Pictures official YouTube channel
デッカード(ハリソン・フォード)は年相応の外観なのでデッカード=レプリカント説はないのでしょうか。

主演はライアン・ゴズリング (Ryan Gosling) とハリソン・フォード (Harrison Ford)。

Capture screen from Warner Bros. Pictures official YouTube channel

2017年10月6日公開予定。

Capture screen from Warner Bros. Pictures official YouTube channel
監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ (Denis Villeneuve) で、リドリー・スコット (Ridley Scott) が製作総指揮となります。

ティザーの映像は本編で使われないことも多いのでまだ何とも・・・な感じですが、今から期待せずにいられませんね!

公式web:http://bladerunnermovie.com/
facebookページ:https://www.facebook.com/BladeRunnerMovie/

Text: 乾宗一郎 - FM201612

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop