ブルガリアのエアソフト企業が近隣倉庫の爆発で発生した火災により工場を全焼

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Airsoft Systems
24日、ブルガリアのエアソフト企業、「エアソフト・システムズ社(Airsoft Systems Ltd.)」の近隣倉庫で爆発が発生。その後も衰えることなく燃え広がった火災により、同社の工場が焼失したことが明らかとなった。

エアソフト・システムズ社はその公式FaceBookを通じて、火災の惨状を報告しており、幸いにも被害者いなかったと伝えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screen shot from Airsoft Systems
    エアソフト・システムズは2008年に、コンピューターエンジニアと実銃デザイナーの友人2人の情熱によって創業。当初こそ電動エアガン用の電子基板アップグレードなどで始まったが、2012年には工場を新設するにまで至っている。現在までにカスタムパーツ類の他、フルスケール製品も手掛けているという。


    Photo from Airsoft Systems


    Photo from Airsoft Systems
    今回の一報を伝える投稿には、幾つかの写真が添えられており、問屋に向けて出荷を控えていたASAR-15ライフルや、大量に作り置きされていた新製品のASCU2-Gen5、ASCU3-Gen5も全て火事によって失ったという。

    火災保険への加入によって、ゆくゆくの金銭的な補填ができたとしても、すぐさま通常営業に戻ることは不可能だ。同社では現在のところ取り急ぎASCUシリーズだけでも、「2週間後」の「完全再稼働」を目指して取り組むとしている。

    今回の火災事例はいわば「貰い事故」。しかし、軍隊の戦闘装備と同様に、サバイバルゲームグッズのハイテク化に従い、電化製品など多くの火災原因となり得るアイテムが存在しているため、決して他人事とは思わず、その管理と取り扱いに改めて十分な注意が必要だ。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    米国で退役空母をバトルの舞台にしたMil-Simイベント、「Operation High Tide」が開催
    スペインの「GROM」リエナクターが活動5周年記念の映像を投稿
    マグプル社から正式承認済の「M-LOK」に対応したICSエアソフトの新製品「CXP-MMR」シリーズ
    VFCが2018年度版の製品カタログで「G3A3」のガスブローバックモデルを発表
    LCTがPKP電動エアガンを6月に発売すると予告
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     米国で退役空母をバトルの舞台にしたMil-Simイベント、「Operation High Tide」が開催 (2018-01-17 14:09)
     スペインの「GROM」リエナクターが活動5周年記念の映像を投稿 (2018-01-16 17:54)
     マグプル社から正式承認済の「M-LOK」に対応したICSエアソフトの新製品「CXP-MMR」シリーズ (2018-01-15 20:19)
     VFCが2018年度版の製品カタログで「G3A3」のガスブローバックモデルを発表 (2018-01-15 19:46)
     LCTがPKP電動エアガンを6月に発売すると予告 (2018-01-12 16:57)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop