NEWS

ドイツ軍の突撃取材映像シリーズに陸軍特殊部隊 KSK の射撃・室内突入訓練シーンが追加

海外軍事
ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) 内の各所をレポートする映像コンテンツ「Mit Olli」シリーズに、サバイバルゲーマーをはじめとしたエアソフターにとっても参考となる、新たな訓練映像が追加された。

今回、オリバー・ベンダー (Oliver Bender) 曹長が紹介するのは、陸軍特殊部隊 KSK (Kommando Spezialkräfte) による射撃訓練となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像の前半部分では、室内に設置された射撃訓練場で、壁に貼られた縦 3 × 横 3、計 9 箇所の目印をターゲットとして、正確且つ素早く撃ち抜く訓練の様子が示されている。

    当初こそ正面のみへの対処としており、スピードよりも正確に狙いを定めることを優先している。これにより、ホルスターからピストルを抜き、構えて撃つといった一連の所作を反復させることで、グリップの握り、射手の効き目とサイトの照準、トリガーの引き具合などの機微な感覚を体に覚えさせている。

    そして何度か繰り返すうちに、素早さも要求されるようになっていることが窺える。また、教官役で登場した隊員のデモンストレーションでは、左右のターゲットも追加され、更に難易度が上げられている。

    映像中盤では、ピストルからアサルトライフルに切り替えられており、映像シミュレーターを利用した射撃訓練がおこなわれている。

    映像後半には、総仕上げ的にルームエントリーを想定した実射訓練となっており、ベンダー曹長が待つ部屋に教官役の隊員らが突入する様子が示されている。

    銃口を室内へ向けたまま、フラッシュバンの投入を合図としてクロスエントリーした 2 名の隊員に続いて、別の 2 名の隊員が素早く室内のベンダー曹長の身柄を確保している。

    Mit Olli シリーズは、2015 年 5 月から続いている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop