NEWS

ドイツ軍の突撃取材映像シリーズに陸軍特殊部隊 KSK の射撃・室内突入訓練シーンが追加

海外軍事
ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) 内の各所をレポートする映像コンテンツ「Mit Olli」シリーズに、サバイバルゲーマーをはじめとしたエアソフターにとっても参考となる、新たな訓練映像が追加された。

今回、オリバー・ベンダー (Oliver Bender) 曹長が紹介するのは、陸軍特殊部隊 KSK (Kommando Spezialkräfte) による射撃訓練となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像の前半部分では、室内に設置された射撃訓練場で、壁に貼られた縦 3 × 横 3、計 9 箇所の目印をターゲットとして、正確且つ素早く撃ち抜く訓練の様子が示されている。

    当初こそ正面のみへの対処としており、スピードよりも正確に狙いを定めることを優先している。これにより、ホルスターからピストルを抜き、構えて撃つといった一連の所作を反復させることで、グリップの握り、射手の効き目とサイトの照準、トリガーの引き具合などの機微な感覚を体に覚えさせている。

    そして何度か繰り返すうちに、素早さも要求されるようになっていることが窺える。また、教官役で登場した隊員のデモンストレーションでは、左右のターゲットも追加され、更に難易度が上げられている。

    映像中盤では、ピストルからアサルトライフルに切り替えられており、映像シミュレーターを利用した射撃訓練がおこなわれている。

    映像後半には、総仕上げ的にルームエントリーを想定した実射訓練となっており、ベンダー曹長が待つ部屋に教官役の隊員らが突入する様子が示されている。

    銃口を室内へ向けたまま、フラッシュバンの投入を合図としてクロスエントリーした 2 名の隊員に続いて、別の 2 名の隊員が素早く室内のベンダー曹長の身柄を確保している。

    Mit Olli シリーズは、2015 年 5 月から続いている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop