NEWS

スナイパー、マークスマン用に開発されたフランス製の新型サーマルウェポンサイト「CECILE-TS」

海外軍事

Photo: CECILE-TS on HK-417 via Scrome
フランスの軍需企業大手であるタレス (Thales) は 14 日、スクロメ (Scrome) 社との協力関係下で、スナイパーや選抜射手用途の新型サーマルウェポンサイトファミリーとなる「セシール TS (CECILE-TS) 」を発表した。フランス国内で小銃用光学機器などの開発を手掛けている Scrome 社は、フランス軍や欧州各国の軍に納入実績を持つ、NATO 認可の装備品サプライヤーでもある。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    CECILE-TS は、12.7 mm / .50 やそれ以下のクラスに位置付けられているスナイパーライフルでの利用を想定したもので、「昼光用と同じ感覚で容易に使える」「最新の非冷却赤外線センサーを搭載した、軽量でコンパクト且つエルゴノミックな設計がおこなわれ、比類なき高いパフォーマンスを示す」「市場に出回っている同種の製品群においても、CECILE-TS は最も先進的なサーマルウェポンサイトだ」としている。


    Photo: CECILE-TS via Scrome
    全長 389 mm、全高 104 mm、全幅 74 mm とし、重量は 1.5 キログラム以下で、ピカティニー規格のレイルへ取り付けが可能となっている。駆動には単三バッテリー× 4 本が必要となり、標準的なリチウムバッテリーの場合で、8 時間の連続駆動を実現している。

    Scrome 社によると、50BMG × 3,000 発を使った試験をおこなっている。

    その他の緒元は以下の通り。

    Photo: via Thales

    TECHNICAL CHARACTERISTICS VERSIONS
    * Long range version
    - Magnification: x4 (x8, x16 with e-zoom)
    - Field of view: 6.2° (H) x 4.6° (V)
    * Medium range version
    - Magnification: x2.7 (x5.4, x10.8 with e-zoom)
    - Field of view: 9° (H) x 6.7° (V)
    * Spectral band
    - LWIR (8-12 μm)
    * Batteries
    - 4 AA batteries / rechargeable batteries (Lithium, Alkaline, Ni-MH)
    - Easily replaceable battery pack
    - 8-hour continuous battery life with standard lithium batteries
    * Mechanical interfaces
    - NATO standard
    - MIL-STD-1913 “Picatinny”
    * Command and Control
    - Intuitive, 5-button interface
    - Fast reticule control
    - Analogue video output
    - RS-232 serial link
    - External power supply
    * USB Link
    * Weight
    - < 1.5 kg
    * Dimensions
    - 389 mm (L) x 104 mm (H) x 74 mm (W)
    * Full MIL-SPEC
    - MIL-STD-810G
    - MIL-STD-461F
    * ACCESSORIES
    - Transit case
    - Tactical pouch
    - Operator’s manual
    - Lens cleaning kit


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop