チェコCZ製銃器がハンガリー国内でライセンス生産へ。10年間・20万挺の生産合意

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
3月28日、ハンガリーの首都ブダペストで、チェコ(CZ: Ceska Zbrojovka)製銃器のハンガリー国内におけるライセンス生産に関する契約締結が発表された。
カルラ・シュレフトヴァー(Karla Šlechtová)チェコ国防大臣およびシミチコー・イシュトヴァ―ン(Simicskó István)ハンガリー国防大臣が揃って発表した契約内容によると、チェコ国防省隷下にあるHM ARZENÁLが、1億ユーロ(=約131億円)でハンガリー国内においてライセンス生産をおこなう。この契約の下で、ハンガリーは今後10年間で20万挺の生産をおこない、200名の雇用創出を見込んでいる。

調印式には、チェコ側からCZの100%子会社である「CZエキスポート・プラハ(Ceská Zbrojovka Export Praha )」社のデービッド・ヘーファー(David Höfer)社長が、一方のハンガリー側はHM ARZENÁL社のクラリズ・ローランド(Králicz Roland)CEOが出席している。


Photo from Czech Ministerstvo obrany
ハンガリーのイシュトヴァ―ン国防大臣は記者会見の席上で、「V4諸国(※)全体で手を組んで軍事力の形成を図ることで、我が国の軍事産業復活を見据えたい」とした主旨でコメントを寄せている。
※ヴィシェグラード4ヶ国は①チェコ、②ハンガリー、③ポーランド、④スロバキアの中央ヨーロッパ4ヶ国から成る。伝統・文化的に近縁な、これら4ヶ国において、友好・協力関係を進めることを目的とした地域協力機構。

2019年1月から生産が始まり、ハンガリー製となった銃器はチェコ軍に納品されることもあるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop