チェコCZ製銃器がハンガリー国内でライセンス生産へ。10年間・20万挺の生産合意

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
3月28日、ハンガリーの首都ブダペストで、チェコ(CZ: Ceska Zbrojovka)製銃器のハンガリー国内におけるライセンス生産に関する契約締結が発表された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    カルラ・シュレフトヴァー(Karla Šlechtová)チェコ国防大臣およびシミチコー・イシュトヴァ―ン(Simicskó István)ハンガリー国防大臣が揃って発表した契約内容によると、チェコ国防省隷下にあるHM ARZENÁLが、1億ユーロ(=約131億円)でハンガリー国内においてライセンス生産をおこなう。この契約の下で、ハンガリーは今後10年間で20万挺の生産をおこない、200名の雇用創出を見込んでいる。

    調印式には、チェコ側からCZの100%子会社である「CZエキスポート・プラハ(Ceská Zbrojovka Export Praha )」社のデービッド・ヘーファー(David Höfer)社長が、一方のハンガリー側はHM ARZENÁL社のクラリズ・ローランド(Králicz Roland)CEOが出席している。


    Photo from Czech Ministerstvo obrany
    ハンガリーのイシュトヴァ―ン国防大臣は記者会見の席上で、「V4諸国(※)全体で手を組んで軍事力の形成を図ることで、我が国の軍事産業復活を見据えたい」とした主旨でコメントを寄せている。
    ※ヴィシェグラード4ヶ国は①チェコ、②ハンガリー、③ポーランド、④スロバキアの中央ヨーロッパ4ヶ国から成る。伝統・文化的に近縁な、これら4ヶ国において、友好・協力関係を進めることを目的とした地域協力機構。

    2019年1月から生産が始まり、ハンガリー製となった銃器はチェコ軍に納品されることもあるという。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop