NEWS

カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ

海外軍事

Photo: Canadian Forces Combat Camera
This photo is for illustration purposes only.
カナダ陸軍が、「C21」として制式化される見込みの新たなマルチキャリバー式スナイパーライフル(MCSW: Multi-Caliber Sniper Weapons)の取得に向けた動きをみせている。国内の英字日刊紙、オタワ・シチズンが防衛産業界の情報として伝えている。

関連記事:
カナダ陸軍が「C20」として制式化する新たなセミオート式スナイパーライフル(SASW)の取得を計画

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo Credit: Canadian Forces Combat Camera, DND
    このMCSW取得における主要件は、.338ラプアマグナム弾を使用する現行の「C14」スナイパーライフルからリプレイスを企図したもので、必要に応じて.338ラプアマグナム弾から7.62mm弾に切り替えを可能とする。

    陸軍の広報担当官は、「.338ラプアマグナム弾は作戦実行時に利用する一方で、7.62mm弾は、.338ラプアマグナム弾が使えないような訓練や交戦距離など、特別な状況での利用を想定している」「陸軍の歩兵部隊や戦闘学校での運用が主な用途になりそうだ」と述べている。

    また広報担当官は「今年2017年後半にも入札段階に入るべきだが、現時点では正確な調達日程などが決まっていない」とする一方で、229挺の取得を目指していることに言及している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop