NEWS

カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ

海外軍事 Comments(0)

Photo: Canadian Forces Combat Camera
This photo is for illustration purposes only.
カナダ陸軍が、「C21」として制式化される見込みの新たなマルチキャリバー式スナイパーライフル(MCSW: Multi-Caliber Sniper Weapons)の取得に向けた動きをみせている。国内の英字日刊紙、オタワ・シチズンが防衛産業界の情報として伝えている。

関連記事:
カナダ陸軍が「C20」として制式化する新たなセミオート式スナイパーライフル(SASW)の取得を計画

Photo Credit: Canadian Forces Combat Camera, DND
このMCSW取得における主要件は、.338ラプアマグナム弾を使用する現行の「C14」スナイパーライフルからリプレイスを企図したもので、必要に応じて.338ラプアマグナム弾から7.62mm弾に切り替えを可能とする。

陸軍の広報担当官は、「.338ラプアマグナム弾は作戦実行時に利用する一方で、7.62mm弾は、.338ラプアマグナム弾が使えないような訓練や交戦距離など、特別な状況での利用を想定している」「陸軍の歩兵部隊や戦闘学校での運用が主な用途になりそうだ」と述べている。

また広報担当官は「今年2017年後半にも入札段階に入るべきだが、現時点では正確な調達日程などが決まっていない」とする一方で、229挺の取得を目指していることに言及している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop