NEWS

カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ

海外軍事

Photo: Canadian Forces Combat Camera
This photo is for illustration purposes only.
カナダ陸軍が、「C21」として制式化される見込みの新たなマルチキャリバー式スナイパーライフル(MCSW: Multi-Caliber Sniper Weapons)の取得に向けた動きをみせている。国内の英字日刊紙、オタワ・シチズンが防衛産業界の情報として伝えている。

関連記事:
カナダ陸軍が「C20」として制式化する新たなセミオート式スナイパーライフル(SASW)の取得を計画

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo Credit: Canadian Forces Combat Camera, DND
    このMCSW取得における主要件は、.338ラプアマグナム弾を使用する現行の「C14」スナイパーライフルからリプレイスを企図したもので、必要に応じて.338ラプアマグナム弾から7.62mm弾に切り替えを可能とする。

    陸軍の広報担当官は、「.338ラプアマグナム弾は作戦実行時に利用する一方で、7.62mm弾は、.338ラプアマグナム弾が使えないような訓練や交戦距離など、特別な状況での利用を想定している」「陸軍の歩兵部隊や戦闘学校での運用が主な用途になりそうだ」と述べている。

    また広報担当官は「今年2017年後半にも入札段階に入るべきだが、現時点では正確な調達日程などが決まっていない」とする一方で、229挺の取得を目指していることに言及している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言
    オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言 (2018-02-22 14:12)
     オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入 (2018-02-22 12:57)
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop