NEWS

3M 傘下のセラダイン社が米陸軍から次世代戦闘ヘルメットとボディーアーマーの低率初期生産を受注

海外軍事

Photo: Combined banners from 3M official website
米国の化学・電気素材メーカー大手であるスリーエム社 (3M Company) 傘下のセラダイン社 (Ceradyne Inc.,) が、米陸軍向けの次世代戦闘ヘルメットとボディーアーマー用インサートの供給に関する契約を受注した。

関連記事:
米化学大手 3M、米政府から 11 万個超の戦闘ヘルメット ECH を受注

Capture screen: via 3M official website
これは、統合頭部防護システム (IHPS: Integrated Head Protection System) と、兵士防護システム (SPS: Soldier Protection System) における拡張小型武器防護インサート (ESAPI: Enhanced Small Arms Protective Inserts) および胴体部のバイタル防護 (VTP: Vital Torso Protection) といった一連の防護装備の拡充に伴うもので、低率初期生産 (LRIP: Low-Rate Initial Production) の下、4,300 万ドル (=約 44 億 2,000 万円) の案件となっている。

IHSP は、より軽量化を進めた防弾ヘルメットシステム。兵士の頭部を保護する防弾性ヘルメットをベースとして、目を保護するバイザーキットや、下顎部分をカバーするマンディブル (mandible) ガードキット、補助ライトなどの装着を可能にしており、ヘルメットの拡張性を追求している。

今回の LRIP の内訳では、次世代戦闘ヘルメット 5,300 セット、額にして 700 万ドル (=約 7 億 2,000 万円) が、また一方のボディーアーマーは 3 万セット以上、額にして 3,600 万ドル (=約 37 億円) が、来年度に入ってそれぞれ生産開始となる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop