NEWS

3M 傘下のセラダイン社が米陸軍から次世代戦闘ヘルメットとボディーアーマーの低率初期生産を受注

海外軍事

Photo: Combined banners from 3M official website
米国の化学・電気素材メーカー大手であるスリーエム社 (3M Company) 傘下のセラダイン社 (Ceradyne Inc.,) が、米陸軍向けの次世代戦闘ヘルメットとボディーアーマー用インサートの供給に関する契約を受注した。

関連記事:
米化学大手 3M、米政府から 11 万個超の戦闘ヘルメット ECH を受注

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Capture screen: via 3M official website
    これは、統合頭部防護システム (IHPS: Integrated Head Protection System) と、兵士防護システム (SPS: Soldier Protection System) における拡張小型武器防護インサート (ESAPI: Enhanced Small Arms Protective Inserts) および胴体部のバイタル防護 (VTP: Vital Torso Protection) といった一連の防護装備の拡充に伴うもので、低率初期生産 (LRIP: Low-Rate Initial Production) の下、4,300 万ドル (=約 44 億 2,000 万円) の案件となっている。

    IHSP は、より軽量化を進めた防弾ヘルメットシステム。兵士の頭部を保護する防弾性ヘルメットをベースとして、目を保護するバイザーキットや、下顎部分をカバーするマンディブル (mandible) ガードキット、補助ライトなどの装着を可能にしており、ヘルメットの拡張性を追求している。

    今回の LRIP の内訳では、次世代戦闘ヘルメット 5,300 セット、額にして 700 万ドル (=約 7 億 2,000 万円) が、また一方のボディーアーマーは 3 万セット以上、額にして 3,600 万ドル (=約 37 億円) が、来年度に入ってそれぞれ生産開始となる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop