NEWS

中国カラーに染まる『ブラックウォーター』。創業者エリク・プリンス氏のFSG社が中国国有企業のカネで増資

海外軍事

This photo is for illustration purposes only.
香港を拠点とする民間警備会社の『フロンティア・サービス・グループ社(FSG: Frontier Services Group Ltd)』が5日、大幅な資本増強と株主基盤の拡大をおこなうと発表した。

FSG社は米国の民間軍事会社としてその名を轟かせた『ブラックウォーター(BlackWater)』社の創業者で、元海軍特殊部隊SEALの『エリク・プリンス(Erik Prince)』氏が共同設立者として名を連ねている企業。プリンス氏はまた、ドナルド・トランプ(Donald Trump)政権下で第11代の教育省長官に就任したベッツィ・デボス(Betsy DeVos)氏の実弟でもある。

関連記事:
ブラックウォーター創設者エリク・プリンス氏が中国企業支援の為、雲南省と新疆ウィグル自治区に新拠点の開設を計画
米国の新教育長官ベッツィ・デボス氏の実弟はブラックウォーター創業者の「エリク・プリンス」氏

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screenshot from CITIC Capital Holdings Limited
    FSG社が新たに調達する資金は『8億3,200万香港ドル(=約113億円)』という巨額のもので、中国最大の国営コングロマリットである『中信資本(CITIC: Capital Holdings Limited, シティック・キャピタル・ホールディングス)』がそのバックに控えている。
    中信資本は今回の増資で、株式保有を15.84%から28.4%に引き上げ、FSG社に対する支配力を強める。また同じく国有で香港を拠点とする損害保険企業の『中国太平(China Taiping)』がその株式に参加し7.48%の保有者となる。

    中国国有企業による今回の投資は、ベンチャーにおける北京(=中国共産党)の自信の表れであり、カネで動く傭兵ビジネスの企業家と、米軍特殊作戦に従事した経験やその専門知識を享受したい国家の利害が一致したものとみる市場観測が囁かれている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop