NEWS

中国人民解放軍の一般兵士・士官の戦闘服・制服の移り変わり100年分を紹介する動画

海外軍事 Comments(0)
中国にとって、20世紀は政体の混乱や世界戦争への突入など激動という言葉では言い尽くせないほどの時代であった。そうした変化を反映したのか、兵士たちの服装や装備も時期によって大きな違いが見られる。そうした軍装の推移を「中國百年陸軍軍服」にまとめた吳尚融氏が動画を公開している。
動画は「士兵篇(戦闘装備)」と「軍官篇(制服)」の2編、それぞれ10分弱の中で台湾と中国、それぞれの軍服の変化を追いかけている。その当時、どういった国の影響下にあったのか、どのような政治状況であったのかが見て取れる、ユニークな内容となっている。

【中國百年陸軍軍服2.0】軍官篇 Chinese Army Uniforms in 100-years (2nd issue) officer - YouTube

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201807
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop