NEWS

7 ヶ国・22 チームが参加した国際スナイパー競技会で中国軍の特殊部隊チームがメダルを独占

海外軍事 Comments(0)

Photo/www.81.cn
カザフスタン北部のカラガンダ州でおこなわれていた、国際スナイパー競技会「ゴールデン・アウル (Golden Owl) 2016 」が一連の日程を終えて閉幕した。

今年で第 7 回の開催を数えるこの年次競技会。中国人民解放軍 (PLA: People's Liberation Army) の機関紙によると、PLA の特殊部隊スナイパーが、表彰台を独占したことが明らかとなっている。(中国機関紙では「年次開催」となっているが、その後投稿された米陸軍特殊部隊・グリーンベレー (3rd SFG (Airborne) ) 第 3 特殊部隊グループの投稿映像には、「2年に一度の開催」と記載されている)

関連記事:
ハンガリーで開催された「軍・法執行機関スナイパー世界大会」で中国チームが全 5 部門で金メダルを総なめ

Kazakhstan: Golden Owl international sniper competition kicks off in Karaganda
6 月 25 日までの 5 日間に渡っておこなわれたこの競技会には、開催地を提供したカザフスタンをはじめ、米国、英国、ロシアなど 7 ヶ国から 22 チームが参加。また、トルコとインドがオブザーバーとして視察団を送り込んでいる。

全 14 種目に渡る競技の内、7 つの種目で中国チームがトップ (金メダル獲得) になったことを含め、合計 9 つのメダルを獲得している。(金メダル獲得数ならびにメダル獲得数の両部門において中国チームがトップ)
PLA 機関紙である「チャイナ・ミリタリー・オンライン (China Military Online) 」や、中国共産党中央委員会の機関紙である人民日報 (People's Daily) によると、「本競技会における国産武器の使用が認められたのは初めて」「国産品で臨んだ中国の特殊部隊員にとってベストな結果だ」と高く評価している。

また PLA 機関紙では、「第 26 集団軍 (PLA 26th Group Army) から 5 名の隊員が参加」「第 26 集団軍の特殊作戦旅団は、中国人民解放軍の中に 13 ある特殊部隊の中の 1 つに数えられている」「1994 年に創設された当該旅団は、戦略的抑止力、戦闘攻撃、特殊作戦、情報に基づく多様なタスクの実施などに向けたタスクフォースとなっている」といった解説が記載されている。



同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop