NEWS

コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表

海外軍事
「難民雇用計画」との批判に晒されていたスターバックス(Starbucks)が、2025年までに25,000人の退役軍人とその配偶者を雇用する新しい計画を発表した。
22日に発表された経営計画の中でスターバックスは、2021年を目途として、全世界で難民1万人を含めた24万人の新たな雇用創出と、1万2,000店の新規出店を掲げており、その内の6万8,000人、3,400店の出店を米国でおこなうとしている。

関連記事:
ブラック・ライフル・コーヒー社がスターバックスに対抗して退役軍人1万人の雇用計画を発表

今回の発表の中で同社は、2013年に設定された「5年以内に10,000人の退役軍人とその配偶者を雇う」という目標は、既に到達していることを強調。予定を前倒しとし、計画を拡大する方針にあることを明かしている。

コーヒーチェーン世界最大手であるスターバックスは現在までに、全世界で2万6,000店舗を展開し、従業員33万人を擁している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop