『コスモ ドラグーン(戦士の銃)』水鉄砲がワンダーフェスティバル2018夏で限定先行発売

ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)

Photo from DAIKI kougyou
トイガン界で話題の『コスモドラグーン』の水鉄砲が、7月29日(日)に幕張メッセで開催の「ワンダーフェスティバル2018夏(ダイキ工業:4ホール9-1、久保書店&グレネード&COG 8ホール9-2)」において限定先行発売となる。イベント販売価格は3,200円(税込)となっている。

Photo from DAIKI kougyou


Photo from DAIKI kougyou


Photo from DAIKI kougyou


Photo from DAIKI kougyou


Photo from DAIKI kougyou

漫画界の巨匠 松本零士先生の作品に多数登場する戦士の銃「コスモ ドラグーン」を、松本零士先生原型監修のもと、各種イベントで活躍するモデルワークスグレネードの企画・原型製作により、水鉄砲となって製品化!
時代を超えて愛される数々の作品の枠を超えて登場する、あの伝説の銃が貴方の手に…!

コスモ ドラグーン(戦士の銃)  
商品形態:ABS及び一部PVC製完成品
商品仕様:水鉄砲
サイズ:1/1スケール、全長約390mm
企画・原型製作:モデルワークスグレネード     
販売価格:3,456円(税込)
販売方法:完全受注生産
対象年齢:15歳以上推奨 
JANコード:4582261372455
発売元:童人(DOUJIN)
販売元:有限会社ダイキ工業

(c)Leiji Matsumoto

同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
 ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
 香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
 TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
 DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
 米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
 中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop