フランス大手エアソフト企業「サイバーガン」が経営戦略の再編で流通企業3社の買収と合理化策を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
フランスの大手エアソフト、レプリカ銃企業「サイバーガン(Cybergun)社」が10月27日付けプレスリリースの中で、経営戦略の再編を発表した。

計画の中で同社は、①流通企業3社の買収をおこない、②「一般消費者向き電子商取引(B2C)」および「提携企業経由消費者向け電子商取引(B2B2C)」における40%以上の市場シェア獲得を目指し、③コスト構造の合理化を図る。また、この動きの中で、エソンヌ県ボンドゥフルにある同社拠点の閉鎖をはじめ、20近い職種の削減など傘下にある子会社を含めた再編をおこなうことが示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ヒューゴ・ブルジェレ(Hugo Brugiere)副社長兼GMは、「商業活動の活性化とより多くの利益を得るためには、消費者へ直接的にアプローチを仕掛けることが不可欠だ」と述べている。

    国内市場を精査した結果、買収先は①デストッケイジ・ゲームス、②ショップ・ガンをはじめ、エアソフト・ホライズン、ショップガン・ディフェンスやフランチャイズショップ、③シュート・ゲームス・フランスをはじめとした店舗群の名前を挙げ、いずれの経営サイドもサイバーガン社の提案に合意していると明かしている。

    なお今後の経営戦略に関する詳細については、2018年3月にドイツ・ニュルンベルクで開催される恒例の「IWA(Internationale Waffen Ausstellung)(EN: International Weapons Exhibition)」の席上で発表される予定。

    サイバーガンは2017年3月末の決算で、3,000万ユーロ(=約39億円)の売上高を達成している。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop