NEWS

チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討

海外軍事

Screenshot from 601 skssPROSTEJOV
This photo is for illustration purposes only.
チェコが国際任務参加のため、イラクに軍特殊部隊の派兵を検討している。
派兵が取り沙汰されているのは、陸軍「第601特殊部隊グループ(601st Special Forces Group, "601. skss")」の精鋭×最大200名。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    イラクはダーイシュ(IS)との戦闘において、その中核を担っていた特殊部隊が多大なる損失を被っている。今回のチェコによる軍特殊部隊の派兵は、イラク軍の戦力不足を補うための「訓練提供」が挙げられている。そしてもう1つの選択肢として、既に直接的な戦闘も展開している米英軍に帯同し展開することも挙げられている。

    チェコ陸軍第601特殊部隊グループは、国防省隷下で唯一の特殊作戦部隊。モットーは「息がある限り、希望を持つ(Dokud dýchám, doufám)」。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop