ロシアのワークショップ D-ARMA が 12.7mm Kord 重機関銃のエアソフト版製作に着手

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo: Kord Heavy Machine Gun Airsoft via D-ARMA VK channel
ロシア最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス「ヴェーカー (VK:VKontakte (連絡中の意)) 」で活動しているカスタムワークショップが、重機関銃のエアソフト版製作を始めた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Kord Heavy Machine Gun Airsoft via D-ARMA VK channel
    武器の復元やエアソフト製作を手掛けている D-ARMA が製作に着手したのは、ロシアの 12.7mm Kord 重機関銃。D-ARMA の VK ページには、エアソフト版 Kord の図面や、製作途中の様子を示した写真数点が公開されている。

    完全スチール製となり、歩兵部隊モデルと車載モデルと両方に対応できるオプション展開がおこなわれるとのこと。


    Photo: Kord on infantry machinegun mount in Interpolitex-2011 via Wikimedia Commons

    Пулемёт КОРД 12,7×108 мм \ секретное стрельбище.
    実銃世界の Kord 重機関銃は、1980 年代に設計され、1998 年にロシア軍で制式採用となっている。2000 年代初期にデグチャレフ・プラントによって開発されたその車載型バリエーションモデルである 6P49 は、12.7mm NSVT 重機関銃の後継としてリプレイス計画に入っている。また、降車兵向けとしてロシア軍で運用されている「6P50」は、世界で唯一のバイポッド (6T19) 利用が可能な重機関銃として知られる。

    関連記事:
    ロシア軍、車載機関銃を NSVT から 12.7mm Kord 重機関銃 (6P49) へのリプレイスを計画

    Kord 重機関銃の追加により、サバイバルゲームの戦況を一変させる機関銃ファミリーにおいて、その選択肢が広がりそうだ。

    なお、非量産販売品ではあるが、日本でもフルスクラッチビルドによる重機関銃のエアソフト版の製作に取り組んだグループがおり、過去にその取材をおこなっているので、是非こちらもご覧頂きたい。

    関連記事:
    MMM : Full Scratch Build Airsoft

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
     近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター (2018-04-23 17:10)
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop