NEWS

米国防総省DARPA 植物を監視用センサーにする技術の共同開発を公告

海外軍事

Image from DARPA
長大な国境線を警備したり他国が核実験を実施したのを発見したりといった、24時間365日の監視を行うには大量のセンサー機器と人員が必要になる。近年は状況がさらに複雑になり、さらにコストがかかるようになったがアメリカ国防総省の研究機関であるDARPA(国防高等研究計画局)は植物をセンサーにするAPT(Advanced Plant Technologies……先進植物技術)でこの問題を解決しようといしている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    植物は、例えば日光のほうに伸びていったり、触れると葉が閉じたりなど、外部からの刺激に反応することはよく知られている。APTではこのような習性を利用し、空気中の化学物質、病原菌、放射線、一部の電磁波など特定の、あるいは複数の刺激に対し特別な反応を返すように遺伝子を改良することを目的としている。こうした反応は既存のハードウェアでも監視することができる。

    植物は頑強で見つかりにくく、種や苗をまくだけで設置が可能な上、勝手に増えるなどメンテナンス性も高い。以前の研究からこうした特殊な能力をもたせるとその分生存性が低くなり枯れやすくなることが分かっているが、今回の研究では周囲の養分を吸収・放出する能力を高めて環境適応能力も高める方針。

    理論的には草原や森をまるごとセンサーの海にして周囲を通過する人員や車両の移動を監視するのはもちろん、例えば地雷原に植えることで不発弾や地雷の発見に用いることもできるだろう。

    実験は生態系への影響を鑑み、研究室や実験温室などの閉鎖環境で行われる。約2年で実験段階に持っていくとのこと。公告では共同研究のパートナーを募集している。

    Source: Advanced Plant Technologies (APT) - Federal Business Opportunities: Opportunities
    Nature’s Silent Sentinels Could Help Detect Security Threats

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop