NEWS

米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定

海外軍事 Comments(0)

Photo by Staff Sgt. Shane Hamann
This photo is for illustration purposes only.
米国で高品質バックパックを手掛ける「ミステリーランチ(Mystery Ranch)」が、司法省隷下の『麻薬取締局(DEA:Drug Enforcement Administration)』との間で供給契約を交わす。対象アイテムとして名前が上がっているのは『オーバーロード・パック(Overload Pack)』。契約は競争入札方式ではなく、単一の供給企業を相手として随意に指定する「単独供給契約」になる予定。
Mystery Ranch | Overload
オーバーロードパックは、ミステリーランチの象徴的な「3-ZIP」デザインを持つバックパックであり、パックとフレームの間にスナイパーライフルやペリカンケースの保持を確保したデザインに特徴を持ち、ナイス(NICE)フレームを採用したモデル。

ナイス・フレームは水平・垂直に3×3のカーボンファイバー製ステーと衝撃を吸収してフレームの柔軟性を向上させるパネルで構成され、重量物の運搬でも優れた安定性を発揮する。ミステリーランチが独自に開発したこの構造は特許取得済となっている。

「究極のバックパック」とも形容されるミステリーランチの製品は、過酷な状況下での利用を想定し、高品質な材料、熟練の技術、斬新な思考、絶え間なく歩み続けてきた革新、妥協無きこだわりが投じられ、抜群の快適性と並外れた耐久性を持つ。そのため、米軍をはじめとした特殊部隊でも愛用者が広がっており、「ミリフォト」で見掛ける機会も多い。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop