エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に展示。各国特殊部隊が試験用途に発注

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 国内軍事関連 Comments(0)

Photo from Devtac Japan
中東ドバイでおこなわれた「国際防衛展示会・IDEX2017(International Defence Exhibition and Conference)」に、日本企業のデブタック(Devtac)社が現地のトラスト・インターナショナル・グループ(Trust International Group)と共に出展。特殊作戦部隊・特殊武器襲撃チームに向けて開発された、独創的デザイン設計の戦闘用フルフェイス型ヘルメットを展示した。

関連記事:
Devtac フルフェイスマスク一体型タクティカル・ヘルメット「Ronin Ballistic Helmet」

Photo from Devtac Japan
SFアクション映画にも登場しそうなこのヘルメットシステム最大の特徴と言えるのは、モジュラー形式による拡張性・汎用性の高さにある。

着用者のミッションに応じて、ヘルメットマウント式のディスプレイや、拡張現実(AR: Augmented Reality)グラスなどウェアラブル技術製品を組み合わせることができる他、強力なネオジウム磁石(N52レベル)を使うことで、防弾性能を持つチークプレートの着脱を容易としている。


Photo from Devtac Japan
これらによって、敵拠点へ突入するアサルターの特殊部隊員や、車輌に搭乗して火器支援を提供するガンナーなど、作戦が遂行される環境や脅威状況、兵士の役割に応じた使い分けを可能としている。

ヘルメットは、兵士の即死に繋がるヘッドショットや、猛烈な勢いで飛散する爆発物の破片から頭部を保護するもので、ケブラーで強化されたロニン(Ronin)マスクにおいては、.44マグナム弾にも対応するとしている。たとえ弾丸を止められたとしても、兵士が無傷でいられる訳では無いが、その生存の可能性を高めることに期待されている。

DEVTAC COOLING FAN SYSTEM ATTACHEMENT
また、マスクの視野は160度ほど確保されており、防曇(ぼうどん)用に小型の電子ファンを取り付けることができ、過酷な環境を強いられる兵士の視界を確保するのに一役買っている。

エアソフト用途をルーツに持つデブタックのマスクは、今回の出展で諸外国の特殊部隊からも注目され、テスト用途のためのサンプル注文を受けたことが報じられている。(「8ヶ国」との報道も)

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop