NEWS

イラク・モースル奪還作戦の裏側で「女装」して逃げ惑うダーイシュ(IS)戦闘員

海外軍事
イラクのハイダル・アル=アバーディ首相は10日、およそ3年間に渡ってダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS)支配に陥落していた最大拠点、北部モースルの奪還作戦が勝利に終わったことを伝えた。

復興と治安回復が進められる中、イラク陸軍はモースル脱出を試みるダーイシュ戦闘員らの変わり果てた「女装」姿を公開。女性向け民族衣装の中から現れた男性戦闘員らの中には、顔を化粧して誤魔化す者や、セクシーなランジェリーを身に着けている者も確認できる。

関連記事:
英軍特殊部隊「SAS」が女性伝統衣装「ブルカ」を着用してダーイッシュ (IS) の本拠地ラッカ襲撃作戦を決行

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    写真は、激戦地となったモースルから東へ150キロメートルほど離れた、クルド人自治区の主都であるアルビールに本社を置く現地メディア、「クルディスタン24(Kurdistan 24)」が、公式SNSチャンネルを通じて投稿。以来、多くの海外メディアでも紹介されている。

    「建国」宣言の地でもある最大拠点を奪還したことにより、ダーイシュとの戦いは新たな局面を迎える。そんな中、国際刑事警察機構(インターポール)は最近、ダーイシュ戦闘員×173名が、欧州を舞台にテロ攻撃を画策していると明かしている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop