デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Forsvarsministeriets Materiel
デンマーク国防軍の新制式ピストルに、シグ・サワー(SIG Sauer)社製『P320 X-Carry』が選定された。

トライアルにはシグの他、Beretta APX、Glock 17 Gen.5、Canik TP9 SFと、計4種が参戦。国防省・素材調達委員会(FMI: Forsvarsministeriets Materiel- og Indkøbsstyrelse)によると、陸軍の火器支援センター(HKIC: Hærens Kamp- og Ildstøttecenter)を中心に、陸軍、空軍の他、特殊部隊や憲兵が参加する中、4週間に渡る試験がおこなわれている。

関連記事:
デンマーク国防軍が新制式ピストルに名乗りを上げた4種の試験映像を公開
スタンダード版とコンシールドキャリー版の2バージョンでの購入となり、防衛装備品商社の「CTソリューションズ社(CT Solutions ApS)」を通じて、その第一陣は2019年初頭にも納入される見込み。

デンマークでは、70年近い古参の主力制式ピストル「M/49ノイハウゼン(Neuhausen)」のリプレイスが課題となっていた。
1949年に「m/49」として採用されたSIG P210は、スイス人銃器デザイナーのシャルル・ペッター(Charles Gabriel Petter)氏の設計したフランス軍用ピストル「1935A」をベースに開発された9x19mm弾を使用するシングルアクション、露出型ハンマー方式(exposed hammer)のピストル。当時としては一線を画した高品質・高精度が故に、秀逸なピストルとして広く知られ、デンマーク陸軍はトータルで27,000挺を購入している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop