NEWS

英軍・防衛計画の見直しによる「海兵隊」の兵力減耗は『SAS』など特殊部隊の弱体化に繋がる

海外軍事 Comments(0)

Photo from Royal Navy
This photo is for illustration purposes only.
国防能力の大幅な見直しをおこなっている英国では、軍特殊部隊の兵力が大きく減耗される可能性が出ている。ここでカギを握っているのが海兵隊の兵力。日曜に提出されたレポート「Sunset For The Marines」では、海兵隊が斜陽な存在になることを警告している。
この新たな防衛計画の見直しの中で、①海兵隊員×2,000名と、②強襲揚陸艦×2隻の削減が盛り込まれている。これについて下院国防特別委員会(Commons Defence Committee)の有力な委員が、「軍事のイロハを知らない愚行だ」と糾弾。実行されれば、「英軍特殊部隊の構成にも大きな影響を及ぼす」と警鐘を鳴らしている。

海兵隊と特殊部隊の関係についてジュリアン・ルイス(Julian Lewis)同委員長は、「軍特殊部隊員の半分ほどが海兵隊出身だ」と言及。海兵隊は人数でこそ陸軍の10分の1である6,500名ほどしかいないものの、その適用能力や高度な訓練の賜物によって、SASやSBSなど、軍特殊部隊の45~50%に当たる兵員の供給源として機能しているという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop