対ドローン装備のDRONEGUNが製品化、発売開始か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ダーイッシュ(IS)に対する軍事利用はもちろん、民間でも産業スパイや盗撮行為に利用されることもあるドローン。セキュリティの観点からドローン対策が叫ばれて久しいが、ついに専用製品が開発された。

DroneShield 社の「DRONE GUN」だ。

関連記事:
米軍が新装備の評価演習で「ドローン・ディフェンダー」を投入

製品リンク:https://www.droneshield.com/dronegun

文字通りガンタイプの防御装備でルックスはSF映画のブラスターガンのよう。


Photo: DroneShield Drone Gun
しかし、弾丸やネットを発射するわけではない。「TACTICAL DRONE JAMMER」というキャッチコピーの通りあくまで「ジャマー」なのだ。

Capture screen: via Drone Shield official YouTube
使い方は簡単。
飛行するドローンを発見したら・・・

Capture screen: via Drone Shield official YouTube
上部のドットサイトで狙いをつけてトリガーを引くだけ。

Capture screen: via Drone Shield official YouTube
すると妨害電波を発射し、映像の伝送を妨害したり・・・

Capture screen: via Drone Shield official YouTube
機体のコントロールそのものを妨害して強制着陸させることができる。

一般的なドローンは機体の制御(操縦)に2.4GHz帯を、映像の伝送に2.4GHz帯あるいは5GHz帯を使っていることが多く、おそらくその両方の周波数帯の電波を使ってジャミングを行うと思われる。

GHz帯の電波は直進性が高いため、ドットサイトを使いピンポイントでドローンを狙えるという仕組みなのだろう。

Capture screen: via Drone Shield official YouTube
また、ガン本体とバックパックで構成される本製品はワンマンオペレーションが可能という点もポイント。ミリタリーだけでなく民間のセキュリティ会社でも利用することができるだろう。

ただし国によっては法令(電波法など)の関係で使用できない可能性がある。例えばアメリカ国内では米国連邦通信委員会(FCC)の認可が下りていない。

法整備の問題も含めて今後各国でこの手の対ドローン装備が発展・普及していくかもしれない。

Text: 乾宗一郎 - FM201612

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop