NEWS

オランダ国防省が「Glock17 Gen.IV」×10,000挺を購入

海外軍事

Photo from Ministerie van Defensie
This photo is for illustration purposes only.
オランダ国防省が、昨年12月に発注を掛けていたGlock17 Gen.IV×6,300挺の第二陣として、同ピストル×10,000挺の購入をおこなったことが分かった。ポーランドの軍事情報サイト「ミルマグ」が6月15日付で報じている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Copyright NIMH


    Photo: Glock "Generation 4" via official Glock website.
    オランダでは1994年以来、四軍に渡ってこれまでGlock17 Gen.IIが制式ピストルとして運用されてきたが、レール対応していないことから、現代の戦闘シーンで必須ともなっているフラッシュライトやレーザーサイトなどの拡張性に乏しく、陳腐化の否めない状況になっていた。

    ミルマグは記事の中で、Glock17 Gen.IVが選定されたことについて、「排他的権利の保護に関連する技術的理由を背景とし、契約通知が出されることなく交渉が進められて選定された」と紹介している。

    Glock17 Gen.IVは、2013年1月に英国防省がブローニング(Browning)L9A1からのリプレイスを、その後2015年11月には、オセアニアの英連邦加盟国であるニュージーランドがSIG P226からのリプレイスを図っている。

    関連記事:
    英国防省、英軍の次期制式拳銃をGlock17 Gen4へ変更
    ニュージーランド国防軍が現行の SIG P226 から「Glock 17 Gen.IV」へリプレイス

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop