DyTac の新製品は今どきスタイルの民間仕様 AR 電動ガン

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
マニア好みのカスタムパーツを多数ラインナップするDyTacから新製品が発表されました。
AR系のコンプリート電動ガン「Economical URX3 AEG」。


Photo: via DyTac official FaceBook
名前の通りURX3タイプのハンドガードを備え、B5タイプのストック、BCMタイプのグリップを装着しています。
バレル長は14.5インチくらいでしょうか。

Photo: via DyTac official FaceBook

サイトは前後ともMBUS、マガジンは昨今流行のHEXMAG。
ロワーの刻印は確認できませんが、BCM系のロワー+ナイツアッパーというハイブリッドな民間AR風な仕上がりになっています。

日本国内ではDyTacのコンプリートガンはあまり見かけませんが、もしあればリーズナブルな価格でコストパフォーマンスに優れたものでしょう。筆者の経験上メカボックスの調整は必要ですが、それを補って余りあるルックスがポイント。
見た目が気に入って、なおかつウデに自信のある人は要チェックです。

なお、同時に発表された製品として「Muzzle Device Shim Package」「AEG Hop Up Rubber Bucking」「140mm Suppressor for internally threaded pistol barrels」もあります。

詳細が気になる人は同社のFacebookをご覧ください。

DyTac 公式サイト
http://www.dytac.hk/
Text: 乾宗一郎 - FM201609

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
 ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売 (2017-03-28 13:13)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催 (2017-03-27 18:07)
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop