欧州諸国におけるセミオートマチック銃の禁止と不良在庫

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from European Commission official website
現在、EU議会では、世界中の民兵・テロリストが愛用するほとんどのセミオートマチック銃の売買を禁止する法律を作ろうとしている。これは、2015年1月に起きたゴシップ誌編集部襲撃事件や11月のパリの無差別銃撃事件を受けて、EU内でのセミオートマチック銃の売買を厳しく制限しようとするものだ。しかし、話し合いは紛糾した。

関連記事:
対テロを背景とした欧州の銃規制でエアソフトの扱いに重要な進展

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    7時間にもわたる議論で主に話し合われたのは、セミオートマチックの法的な定義についてである。しかし、ここにEU各国の思惑が透けて見える。

    法案に賛成の国々はいわゆる旧西側諸国で、これらの国は70年代以降多くのテロに悩まされ、銃規制が国民の安全を守るものと信じている。

    一方で、反対の国々は旧東側諸国であり、これらの国は国内にダブついた銃器を何とか金に替えたいと思っている。

    たとえばスロヴァキアの代表委員の主張は、同国では、AK47のような軍用銃でさえ、スポーツ射撃やハンティングに使用することができ、EUの規制を受け入れると、国内のこれらの産業が衰退してしまうというのだ。

    「我々は、決して委員会が提案する安全基準を下げようとしているのではない。自国の経済を守りたいのだ」。同国スポークスマンは発言した。

    また、反対派のもうひとつの主張が、「過度な規制を敷けば、闇取引が横行し、かえって銃規制の質が落ちる」というものである。

    専門家は、「最終的には、旧東側諸国の経済が優先され、国民の安全に必要な条件を下げてしまうだろう」と述べている。

    Text: 友清仁 - FM201612

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」
    米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」 (2017-12-14 14:25)
     米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手 (2017-12-13 16:08)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop