NEWS

フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開

海外軍事
フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開された。数ある特殊部隊の動画の中でも、装備の研究や開発に関する動画は珍しい。

この動画には13RDP(第13連隊)と4RHFS(第4特殊部隊ヘリコプター連隊)が撮影協力したのだが、紹介された内容は二つの連隊の特性を反映したものとなっている。
13RDPは敵地での監視・情報収集を得意としており、動画では監視カメラや通信機器などのハイテクから、大きく重い荷物をパラシュート・ハーネスに接続するハーネスや解錠用品などのローテクまで見ることができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screen shot from Ministère des Armées official YouTube channel
    ミリタリーファンとして最も注目したいのは、ヘリコプターに装備された狙撃銃スタビライザーではないだろうか。これにより12.7mm口径の大型狙撃銃によるヘリコプターからの狙撃が非常に安定するだろう。なお、このスタビライザーのシーンでは、フランス陸軍特殊部隊の1RPIMa(第1海兵歩兵パラシュート連隊)やGIGNの隊員の姿も見られる。

    特殊部隊は常に「新しいもの」「より良いもの」を模索し、日々進化している。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201709

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop