NEWS

フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開

海外軍事
フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開された。数ある特殊部隊の動画の中でも、装備の研究や開発に関する動画は珍しい。

この動画には13RDP(第13連隊)と4RHFS(第4特殊部隊ヘリコプター連隊)が撮影協力したのだが、紹介された内容は二つの連隊の特性を反映したものとなっている。
13RDPは敵地での監視・情報収集を得意としており、動画では監視カメラや通信機器などのハイテクから、大きく重い荷物をパラシュート・ハーネスに接続するハーネスや解錠用品などのローテクまで見ることができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screen shot from Ministère des Armées official YouTube channel
    ミリタリーファンとして最も注目したいのは、ヘリコプターに装備された狙撃銃スタビライザーではないだろうか。これにより12.7mm口径の大型狙撃銃によるヘリコプターからの狙撃が非常に安定するだろう。なお、このスタビライザーのシーンでは、フランス陸軍特殊部隊の1RPIMa(第1海兵歩兵パラシュート連隊)やGIGNの隊員の姿も見られる。

    特殊部隊は常に「新しいもの」「より良いもの」を模索し、日々進化している。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201709

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画 (2018-02-13 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop