NEWS

14社から9社へ絞り込み選定がおこなわれたエストニアの新制式小銃トライアル

海外軍事

Photo from Sõdurileht
This photo is for illustration purposes only.
100億円近い巨費を投じて新型アサルトライフルの取得を目指しているエストニア。ポーランドの大手軍事情報サイト「ディフェンス24」がその続報を掲載した。それによるとエストニアは現在までに「14社から9社への絞り込み選定がおこなわれた」としており、9社の具体名を下記の通り挙げている。

関連記事:
エストニアが100億円近い巨費を投じる新型アサルトライフルの入札情報を発出。この10年で最大規模の調達計画

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ①ポーランド国営軍需企業ポルスカ・グルパ・ズブロイェニョーヴァ社(PGZ: Polska Grupa Zbrojeniowa S.A.)傘下の「ラドム(Radom)」ウゥチニク兵器廠(Fabryka Broni Lucznik - Radom)
    ②ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)
    ③シグ・サワー(SIG Sauer)
    ④コルト・カナダ
    ⑤CZ(Ceska Zbrojovka)
    ⑥IWI(Israel Weapon Industries)
    ⑦LMT(Lewis Machine & Tool)
    ⑧POF(Patriot Ordnance Factory)
    ⑨ベレッタ&サコ―(Pietro Beretta and Sako)による統合提案

    一報は銃器情報サイト大手のザ・ファイアーアーム・ブログも引用しており、国内ニュースの情報などから、各社の提案を下記のように推測している。

    ①MSBS(GROT)
    ②HK416/417 or HK433
    ⑤BRENシリーズ
    ⑥ガリル(Galil)ACE
    ⑦LM8シリーズ
    ⑨ARX160/ARX200

    エストニアでは、初期段階と設定した2018年から2021年の中で11,000挺が、続く2024年までに18,000挺の供給計画を掲げている。また、軍だけでなく司法省隷下の実力部隊、警察、国境警備隊へも同様に支給される見込み。

    本件の契約総額は最大で7,500万ユーロ(=約99億5,000万円)の規模となり、次年度に締結予定の契約では2番目の大型案件となる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop