NEWS

元グリーンベレー隊員が軍・法執行機関で勤める親を亡くした子供を支援するため教育慈善団体に参加

海外軍事

Photo from Mykel Hawke official FaceBook
This photo is for illustrative purposes only.
アウトドアチャンネルやディスカバリーチャンネルのリアリティ番組でホストを務めた米陸軍特殊部隊(U.S.Army Special Forces / 通称:グリーンベレー)出身のマイケル・ホーク(Mykel Hawke)氏が、軍隊や法執行機関で勤める親を亡くした子供たちを支援する教育慈善団体:ヒーリング・ザ・ウーンズ(Healing the Wounds)に参加すると、ニュースサイト:WND(WorldNetDaily)が報じている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ホーク氏の他に元空軍中将トーマス・G・マッキーニー氏やデトロイトの警察長ジェームズ・クレイグ氏など著名軍人や元政府関係者たちが、新しく発足した同団体をサポートし、ハイキング、キャンプ、釣り、アーチェリー、ボートなどの野外活動などを通して子供たちの心のケアとキャリア支援を行う。今夏には、ホーク氏のアイディアに基づいたアウトドア・アドベンチャーが、アラスカで初めて実施される。

    参考動画:番組ホストを務めたアウトドアチャンネル「Elite Tactical Unit」


    Photo from Mykel Hawke official FaceBook
    This photo is for illustrative purposes only.
    ホーク氏は、1982年に陸軍へ入隊。約25年間(予備役期間も含む)にわたって陸軍に従事し、グリーンベレーとして国際連合平和維持軍の訓練やコロンビアでのCSAR(Combat Search And Rescue)ミッションなどに参加。MOS(軍事特技区分)は、特殊部隊分遣隊士官(18A – Special Forces Detachment Officer)、 特殊部隊医療軍曹(18D – Medical Sergeant)、特殊部隊通信軍曹(18E – Communications Sergeant)、特殊部隊情報/作戦補佐下士官(18F - Special Forces Intelligence Operations)。
    現役最後はノースカロライナ州フォートブラッグの第7特殊部隊グループ (7th Special Forces Group / 7th SFG)に所属し、最終階級は大尉(O-3E)であった。

    退役後はアウトドアチャンネルやディスカバリーチャンネルのリアリティ番組のホストを務め、「Man, Woman, Wild」や「Lost Survivors」では妻のルース・イングランドと共演し人気を博した。また、俳優として陸軍のヘリコプターパイロットを主人公としたドラマシリーズ「Valor」 などに出演している。

    参考動画:夫婦で無人島サバイバルに挑んだディスカバリーチャンネル「Man, Woman, Wild」

    Source: Green Beret-turned TV star's new mission: Children of fallen heroes

    Text: 弓削島一樹 - FM201805

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)
     米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か (2018-05-21 15:19)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop