NEWS

最愛の人の『DNA』を「タトゥー」に刻む。元米海軍特殊部隊SEAL隊員による新商品『Everence』

海外軍事 Comments(0)
身命を賭して戦闘の最前線に展開する兵士にとって、『タトゥー』は決してファッションだけではない。大切な人との精神的な繋がりや、心の支えとなる言葉やビジュアルが刻まれている。

元米海軍特殊部隊SEAL隊員のボイド・レナー(Boyd Renner)氏とビジネスパートナーのパトリック・ダフィ(Patrick Duffy)氏が共同で立ち上げた『エンデバー・ライフ・サイエンス(Endeavor Life Sciences)社』が、そんな兵士らに向けた世界初の新商品を開発した。

Photo from Everence
『エバレンス(Everence)』と名付けられた同社の旗艦商品は、「永遠(forever)」「尊敬(reverence)」という2つの単語を重ねた造語。最愛の人の『DNA』を自らのタトゥーの中に刻むことができる。

その製造工程は、まず唾液の回収から始まる。ロードアイランド州にある同社ラボに届けられた唾液の中からDNAを検出しその短鎖部分を抽出。それを増幅・精製し、心臓ペースメーカーなどで使用される医療規格ポリマーによってマイクロカプセル化。細かな粉末状態として、タトゥー用インクに溶かして使用する。新たに彫るタトゥーはもちろん、既存のタトゥーに追加することも可能。
なお、DNAが真正なものであるとする証明書も添えられる。また必要に応じて第三機関の証明書を追加することも可能という。

開発には同社の医療・科学コンサルタントとしても携わっているブラウン大学のエディス・マシオウィッツ(Edith Mathiowitz)教授やデューク大学の主要な科学者の他、タトゥー界のトップアーティストや退役軍人らが参加している。マシオウィッツ教授曰く「全くの無害だ」として太鼓判を押している。

エバレンスは、既に米国の他18ヶ国で特許取得済となっており、価格は295ドル(=約3万1,000円)~となっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop