NEWS

テスラ製自動運転車輌で初の死亡事故。死亡者は元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員

海外軍事 Comments(0)

Krista Kitchen via AP
米運輸省の国家道路交通安全局 (NHTSA: National Highway Traffic and Safety Administration) は 6 月 30 日、「オートパイロット」搭載車で初の死亡事故が発生したことを発表した。米英のタブロイド紙などによると、死亡した男性は元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員であったと報じている。

事故が起きたのは、5 月 7 日。ジョシュア・ブラウン (Joshua D. Brown) 氏 (40 歳) は、フロリダ州ウィストンのハイウェーを愛車テスラ・モーターズ製の電気自動車「テスラ・モデル S」に乗って「自動運転モード」を起動させて走行。前方を走っていた大型トレーラーが左折したことをセンサーが感知できず、トレーラーの脇腹に突っ込む事故を起こして死亡している。当日降り注いでいた強い日差しと、トレーラーの白い車体とを識別できず、減速に至らなかったことが原因とみられている。
ブラウン氏は、オハイオ州ストーの技術企業、ネクス・イノヴェーションズ社 (Nexu Innovations Inc) のオーナー。愛車に「テッシー」と名付けるなど、テスラ車のオートパイロット機能に夢中であったと言われている。


Facebook/Joshua Brown
軍事ニュース各サイトによれば、ブラウン氏は海軍に 11 年に渡って在籍した人物でもあり、爆発物処理技術者として優れた技能 (master explosive ordnance disposal technician) を有していた。また、AP 通信など英語圏のニュースによると、海軍在籍中は、米軍最精鋭として名高い ST6 (SEAL Team 6, a.k.a. DevGru) と共に派遣され、爆発物処理の任務に就くなどしていたようだ。

今回の事故について、テスラ社は「これまで当社のオートパイロットモードは、1 億 3,000 万マイル (=約 2 億 1,000 万キロメートル, 地球 5,250 周分) にも及ぶ走行テストが行われてきたが、事故を起こしたことは無かった」としている。なお、事故車のテスラ・モデル S が搭載する自動運転モードは「ベータ版」の扱いとなっており、ドライバーはハンドルを握り、前方を注視する必要があったとされる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop