NEWS

「ホーガンズアレイ」で各種トレーニングに励むFBI捜査官の訓練生

海外軍事
月曜午前8時。米連邦捜査局(FBI: Federal Bureau of Investigation)の捜査官を目指す新たな訓練生が「ホーガン横丁」で手際よく準備を進めていた。彼らが向かうのは、強奪・マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがある容疑者の捕縛だ。

タクティカルベスト、サイドアームを入れたホルスター…。チームを率いるリーダーは、危険な容疑者の潜む建屋への突入に備えてブリーフィングをおこなう。チームは建屋を目指して街中を移動し、目的の建屋の前で止まった。先頭の捜査官が玄関のドアを叩いた。

「FBIだ!我々は捜査令状を持っている。ドアを開けろ!!」大声で怒鳴ったが、建屋の中から容疑者の応答はない。捜査官たちにとってこの状況は「ドアを打ち破る」以外の選択肢は無かった。「ドン! ドカドカドカ…」突入して間もなく、フラッシュライトや武器を持った捜査官らが容疑者を捕縛して出てきた。容疑者の手には手錠が掛けられていた―

関連記事:
FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screen shot from FBI official YouTube channel
    これは、FBIで特別捜査官を目指す訓練生が直面する日常的な訓練風景の1つに過ぎない。実際に起きた過去の事例を基にカリキュラムが組まれている。
    バージニア州クアンティコにある「ホーガンズ・アレイ(Hogan’s Alley)」は、法執行機関に従事する捜査官らが現実的かつストレスの掛かるシナリオを通じて、各種の戦術訓練を実施する模擬市街地となっている。ここで捜査官らは、危険な犯罪者やテロを企てている悪党への情報収集や証拠集め、銃撃戦、逮捕術、交渉などの技術を日夜磨いている。


    Screen shot from FBI official YouTube channel
    FBIの訓練部門で課長を務めているマイヤーズ(M.A. Myers)氏は、「我々がアカデミーで強調している最も重要なことの1つは、銃器の訓練だ」「銃器を安全かつ精確に撃つ方法に最も多くの時間を割いてきた」と語っている。その為、訓練生はアカデミー内の至る所にある射撃レンジで、数え切れない程の弾を使って射撃訓練に励むという。捜査官らは、市民に安全を提供する必要があるが、職務の遂行上で常に危険と隣り合わせ。ピストルやショットガン、カービンといった銃器を、その場の状況に合わせた適切な取り扱いが求められる。

    Becoming an Agent: Firearms Training



    Screen shot from FBI official YouTube channel
    FBIによると、ホーガンズ・アレイは、どの公式地図にもその詳細な所在を示す情報は載っていないとのこと。そしてその名前は、1890年代後半に連載された「コミックストリップ(新聞などに掲載される「続き漫画」のことを指す)」である「ホーガン横丁(Hogan's Alley)」に由来しているとのことで、作品の中で通りの詳細な場所が示されなかったことに共感し名付けられたという。

    1972年、FBIがバージニア州クアンティコに訓練アカデミーを開設。捜査官らの訓練のために新たな施設が造られた。そして、80年代中盤になってFBIは、より実用的な指導をおこなうことを目的に、銀行やモーテル、宝石店、飲食店など、実際の街と同じ建物を次々と建設している。1987年に正式オープンへと漕ぎ着けて以降、FBIの訓練における重要拠点となっている。ホーガンズ・アレイは、今年で創設30年の節目を迎えている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル
    米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)
     クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル (2018-02-20 19:02)
     米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示 (2018-02-20 16:55)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop