NEWS

FBIの人質救出班(HRT)が.300BLACKOUT亜音速弾の調達を契約

海外軍事

Photo from FBI
This photo is for illustration purposes only.
銃器関連情報サイト、ザ・ファイアーアーム・ブログによると、FBI(アメリカ連邦捜査局)の人質救出班(HRT)が新たな弾薬として.300BLACKOUTの亜音速弾を調達すると発表した。契約先は米軍にも弾薬を納入しているBLACK HILLS Ammunition。

.300BLACKOUTは.300AACともいわれ、一般的なAR15のバレルだけ交換すればロワーやマガジン、ボルト(ボルトキャリア)はそのままで7.62mm弾を発射することができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    .300BLACKOUTは外径と長さが5.56mmx45と同寸なので、登録のいらないアッパーアッセンブリーを乗せ変えるだけで7.62mmが撃てる・・・となれば人気が出るのも当然だ。

    .300BLACKOUTには110grの軽量高速弾から240grの亜音速重量弾までいくつかのバリエーションがあり、大口径弾ならではのストッピングパワーによって特にハンティングユースで高い人気を獲得しているという。

    そして亜音速(サブソニック)弾のラインナップも特徴の1つ。
    これはサプレッサーとの相性がよく、210grや240grという弾頭重量があるので近距離でのパンチ力も圧倒的。ドアエントリーで用いるカービンカートリッジにおける最適解ともいえる。

    今回発表されたのは弾薬についてのみで、使用銃器が何なのかは不明。
    既存のARを新規のアッパーアッセンブリーでリメイクして使うのか、それとも完全な新規調達のカービンか、サプレッサーは何を使うのか・・・など興味は尽きない。

    Text: 乾宗一郎 - FM201703

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop