NEWS

FBIの人質救出班(HRT)が.300BLACKOUT亜音速弾の調達を契約

海外軍事

Photo from FBI
This photo is for illustration purposes only.
銃器関連情報サイト、ザ・ファイアーアーム・ブログによると、FBI(アメリカ連邦捜査局)の人質救出班(HRT)が新たな弾薬として.300BLACKOUTの亜音速弾を調達すると発表した。契約先は米軍にも弾薬を納入しているBLACK HILLS Ammunition。

.300BLACKOUTは.300AACともいわれ、一般的なAR15のバレルだけ交換すればロワーやマガジン、ボルト(ボルトキャリア)はそのままで7.62mm弾を発射することができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    .300BLACKOUTは外径と長さが5.56mmx45と同寸なので、登録のいらないアッパーアッセンブリーを乗せ変えるだけで7.62mmが撃てる・・・となれば人気が出るのも当然だ。

    .300BLACKOUTには110grの軽量高速弾から240grの亜音速重量弾までいくつかのバリエーションがあり、大口径弾ならではのストッピングパワーによって特にハンティングユースで高い人気を獲得しているという。

    そして亜音速(サブソニック)弾のラインナップも特徴の1つ。
    これはサプレッサーとの相性がよく、210grや240grという弾頭重量があるので近距離でのパンチ力も圧倒的。ドアエントリーで用いるカービンカートリッジにおける最適解ともいえる。

    今回発表されたのは弾薬についてのみで、使用銃器が何なのかは不明。
    既存のARを新規のアッパーアッセンブリーでリメイクして使うのか、それとも完全な新規調達のカービンか、サプレッサーは何を使うのか・・・など興味は尽きない。

    Text: 乾宗一郎 - FM201703

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    背骨の形状を採り入れ、動きを損なわない。超軽量・特殊部隊用の戦術外骨格「UPRISE」
    ドイツ連邦軍による海軍特殊部隊の精鋭「フロッグマン」にスポットを当てた映像レポート
    ドイツH&K社が軍用向け「HK233」と.300BLK口径の「HK337」の製品紹介ページを公開
    イスラエルの観光客を対象とした「カウンターテロ ブートキャンプ」
    米陸軍が所有するコルトM1911/M1911A1×約10万丁を完全放出する法案が下院を通過
    トヨタ製ランドクルーザーをベースに改良されたジャンケル「フォックス」がベルギー国家記念日パレードで展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     背骨の形状を採り入れ、動きを損なわない。超軽量・特殊部隊用の戦術外骨格「UPRISE」 (2017-07-26 15:08)
     ドイツ連邦軍による海軍特殊部隊の精鋭「フロッグマン」にスポットを当てた映像レポート (2017-07-25 23:03)
     ドイツH&K社が軍用向け「HK233」と.300BLK口径の「HK337」の製品紹介ページを公開 (2017-07-25 14:08)
     イスラエルの観光客を対象とした「カウンターテロ ブートキャンプ」 (2017-07-25 13:53)
     米陸軍が所有するコルトM1911/M1911A1×約10万丁を完全放出する法案が下院を通過 (2017-07-24 18:55)
     トヨタ製ランドクルーザーをベースに改良されたジャンケル「フォックス」がベルギー国家記念日パレードで展示 (2017-07-24 13:57)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop