NEWS

ダーイシュ(IS)スナイパーの銃弾が飛び交う中、決死の覚悟で少女を救出した元米陸軍特殊部隊の人道支援家

海外軍事
イラク北部モースルを舞台に、ダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)スナイパーの銃弾が飛び交う中、決死の覚悟で、幼き少女を救出した人道支援機関の援助活動家の行動が、多くの人々から拍手喝采の賞賛を得ている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    右手方向に負傷者を確認しながら、エイブラムス戦車の後尾に付けて敵攻撃の様子を窺う3名のオペレーター。タイミングを見計らって、1名が負傷者の元へ猛ダッシュで駆け寄ると同時に、2名が敵方向へ発砲。機銃支援も受けて時間を稼いだところ、少女を抱き抱えて戻ってくる様子が収められている。

    少女を救出したのは、「フリー・ビルマ・レンジャーズ(FBR: Free Burma Rangers)」の創設者であるデービッド・ユーバンク(David Eubank)氏。FBRは、人道的支援活動を行うキリスト教系の組織で、名称の中に「ビルマ(Burma)」とある通り、元々はミャンマーの内戦問題を主題に、民族の枠を超えて医療・物資の提供などの人道的支援活動をおこなっている。

    その創設者であるユーバンク氏自身は、米陸軍で特殊部隊に在籍し、レンジャーの士官であった経歴を持つ人物。ミャンマー、クルド、スーダンなどで抑圧された少数民族の解放を手助けする活動をおこなっている。ここ最近はダーイシュの支配下に落ちたイラク国内の地域で、クルド人に対する支援活動を実施している。

    今回報じられた英雄的行動について、ユーバンク氏はLAタイムズのインタビューに対して、「もし今回取った私の行動によって、私が死んだとしても、妻と私の(3人の)子供たちはきっと理解してくれるだろう」と語っている。

    ピンクのリボンを付けた少女は幸いにも救出されたが、他に残されていた幼児の救出は叶わなかった。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)
     米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か (2018-05-21 15:19)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop