NEWS

FNアメリカ社が海軍クレーン局(NSWC-CD)のとりまとめる軽機関銃『MK46』『MK48』の生産契約を獲得

海外軍事 Comments(0)

Photo from Naval Special Warfare Command (NSWC)
米国防総省は先月31日、サウスカロライナ州コロンビアの「FNアメリカ」社との間において、軽機関銃『MK46』および『MK48』の生産に関する契約を交わしたと明かした。
インディアナ州の海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)がとりまとめた今回の契約は、確定価格・数量未定(FFP/IDIQ)の下で結ばれ、予備部品の供給や技術サービスも含めて1,345万ドル(=約14.9億円)の案件となっている。

なお係る作業については、サウスカロライナ州コロンビアで85%、ベルギー・ハースタルで15%の比率を請け負うとし、2023年8月までに完納することが示されている。


Photo: FN MK 46 MOD 1
MK46は、FN(Fabrique Nationale)製5.56mm機関銃「ミニミ(MINIMI)」の「特殊用途火器(SPW: Special Purpose Weapon)」となるバリエーションモデル。米軍特殊部隊の要求に応えた軽量・コンパクトな設計となり、ベルト給弾式、取り換え式バレル、軽量チタン製バイポッド、拡張性を高めたピカティニー規格レイル装備などに特徴を持つ。


Photo: FN MK 48 MOD 1
一方のMK48は、こちらも同じく特殊部隊の要求に応えて開発されたもので、7.62mm弾仕様となっている。MK46では力不足を感じるような長距離で貫通力が要求されるシーンでの補完的な位置付けとなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop