FNハースタル PDWサイズのマルチキャリバー自動小銃「SCAR SC」を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ベルギーのFNハースタル社が開発したSCAR自動小銃に、いわゆるPDWサイズのバリエーション「SCAR SC」が加わる。SCは「サブコンパクト」の略で、伸縮ストック縮小時536mmというかなり小さなサイズとなっている。

FNは2011年ごろ「SCAR PDW」なるサブコンパクトカービンを試作し各種テストを行っているが大量生産には至っていない。

TTAG - FN SCAR PDW Live Fire - YouTube

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    短銃身のモデルでは精度の不足や火薬の燃え残りによる閃光の大きさが問題になるが、「SC」は「PDW」から銃身が1インチ延長されており、ブラッシュアップされたものになっている。

    銃身長の延長は、より大口径の弾薬の使用を想定したものとも考えられる。今回、フランスで行われた軍事関係の見本市「Milipol 2017」のFNブースでは展示された個体のアッパーレシーバーには「MULTI-CALIBER」の文字がある。


    Photo from The Firearm Blog
    SCAR自体7.62mm口径のモデルが既に存在しており、また300BLK用バレルグループやサイレンサーも展示されていることから、様々な口径のバリエーション展開が行われるようだ。


    Photo from The Firearm Blog
    その他のスペックは以下の通り

    全長:536mm/653mm
    重量:3.1kg
    銃身長:7.5インチ
    装弾数:30発
    発射速度:550~650発/分

    Source: New FN SCAR®-SC Subcompact Carbine | FN HERSTAL
    [Milipol 2017] FN Herstal has SCAR-SC with 300 BLK in development - The Firearm BlogThe Firearm Blog

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
    実銃射撃の失敗・ハプニング映像集
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)
     実銃射撃の失敗・ハプニング映像集 (2017-12-05 12:12)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop