デンマーク国防軍が新制式ピストルに名乗りを上げた4種の試験映像を公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
デンマーク国防軍(Forsvaret)が、新制式ピストルに名乗りを上げた4社の提案製品を試験する映像を公開した。既報の通りデンマークでは、70年近い古参の主力制式ピストル「M/49ノイハウゼン(Neuhausen)」のリプレイスに向けた動きにあり、①SIG P320、②Beretta APX、③Glock 17 Gen.5、④Canik TP9 SFの4種がその候補となっている。

A screenshot from Forsvaret FaceBook movie
関連記事:
デンマーク軍が70年越しで「m/49」SIG P210に替わる新制式ピストルのトライアルを開始

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    1949年に「m/49」として採用されたSIG P210は、スイス人銃器デザイナーのシャルル・ペッター(Charles Gabriel Petter)氏の設計したフランス軍用ピストル「1935A」をベースに開発された9x19mm弾を使用するシングルアクション、露出型ハンマー方式(exposed hammer)のピストル。
    当時としては一線を画した高品質・高精度が故に、秀逸なピストルとして広く知られ、デンマーク陸軍はトータルで27,000挺を購入している。以降、長年に渡って運用されたものの、1995年にその多くが放出され、その際にスイスの精密射撃競技銃メーカーである「ヘンメリー(Hammerli)社」が保存再販のため買い取っている。

    前回の記事では、「USP9 SD」を使用している陸軍特殊部隊「Jægerkorpset(Hunter Corps)」も含めて、そのリプレイス対象となることが報じられていたが、今回の映像で「これら4つの候補ピストルは、空軍、憲兵の他、軍特殊作戦司令部によって試験されているところだ」との字幕があることからも裏付けが取れる。

    軍はこの4種について、「いずれも人間工学に基づいた設計であり、暗闇の中での運用にも対応できる」として紹介しており、過酷な環境・条件の中でおこなわれる一連の試験は、2週間以上に渡って続くとしている。

    なお、制式ピストルとなった場合は、2019年からデリバリーが始まる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop