東京マルイ社の創立者は「ジェイコブ・ジャーマンスキー」?Google検索の誤表記が話題に

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

グーグルの検索結果において、エアソフト世界トップメーカーである「東京マルイ」社の創立者が「ジェイコブ・ジャーマンスキー」なる人物の名前が表示されているとして、SNS上で話題になっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    実際にグーグルの検索フォームに「東京マルイ」と入力し、検索を実行してみると、検索結果とは別に、右側に企業情報が表示されているのが確認できる。

    そこには、東京マルイ社の社名やロゴと、ウィキペディアから引用した「日本の模型・玩具メーカーである」とした簡単な紹介文と併せて、以下の記述があり、同社公式ページの公開情報と相違が確認できる。

    本社: 東京都 東京 中野区
    創立者: ジェイコブ・ジャーマンスキー
    設立: 1965年
    東京マルイ公式Twitterでもこの件が話題に挙がっており、上記の表示に対して「設立年だけは合致している」とのコメントが寄せられている。

    Introducing the Knowledge Graph
    なお、今回問題となっているグーグルの表記は、グーグルが持つ検索アルゴリズムの一つ、「ナレッジグラフ(Knowledge Graph)」によるもので、あらゆる物事に関しての関係性や属性を認識、把握した上で、検索結果に表示反映させている。

    ナレッジグラフは、グーグルが2014年から提供をおこなっている「Googleマイビジネス」から多くの情報を引き出している。Googleマイビジネスは、GoogleサーチやGoogleマップなど、様々なグーグルサービス上にローカルビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツール。誰もが無料で登録できるサービスとなっており、目的の企業の住所等の情報がひと目でわかる便利なサービスであることから、利用者が広がっている。
    Googleマイビジネスへの情報登録は無料で、企業のGoogleアカウントを持っていれば誰でもおこなえる。なお、グーグルによると、変更内容は公開前に審査される場合があるとのことで、情報を削除したとしても、グーグルのアクティブサーバーから削除されるまでに、最大60日かかる場合があるようだ。

    サーチエンジン世界最大手であるグーグルは、現在8割近くの市場シェアを抱えてるネット界きっての巨人。遅めのエイプリルフールなのかどうかは分からないが、検索結果に連動した表示は目的意識を持った利用者が多く、その道標となるだけに、正確な情報掲載が望まれる。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
     近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター (2018-04-23 17:10)
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop