NEWS

フランス陸軍 4RCh (第 4 猟兵連隊) の隊員が長距離射撃の世界新記録「4,150m」を樹立

海外軍事

Photo: L'adjudant Benjamin du 4e Régiment de chasseurs (4RCH)
長距離射撃における4000m台の記録は、2016年8月にフィンランドの射手により初めて達成されたが(4005m)、今回4RChのベンジャマン (Benjamin) 曹長と彼のチームによりその記録は破られた。

関連記事:
フランス軍のスナイパーが世界最長距離「3,695 メートル」のターゲット射撃に成功
ライフル射撃の世界最長距離記録が「3,849 メートル」に更新

2016年10月29日、キャンプ・カンジュールスにて、チームは配置につき、天候条件を分析し…、新記録を樹立した。4,150m!世界的な偉業である!

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: via 4e Régiment de chasseurs (4RCH) official FaceBook
    その準備は綿密であった。距離、天候、風、湿度、光の反射、気圧、コリオリの力など、さまざまな要素を考慮に入れた。
    射撃は17時から18時のあいだに実行された。1日のうち、この時間帯は可視性が最も良い。気温が徐々に下がっていく際に「蜃気楼」も無くなる。


    参考画像:東京スカイツリーを中心に、直線距離で半径 4 キロメートルの範囲を描いた。一言に「4,150 メートル」と言われてもピン来にくいが、こうして生活に馴染んだ地名と共に見比べると、改めて今回の長距離射撃成功の凄さが分かる。
    スコープ調整ノブを0.1ミリエム分クリックすると、4150m先では50cmほど着弾地点が変わるという事実を考えると、曹長の射撃技術の高さがわかる。

    標的に命中させるには、高性能の装備を究極の精密性で扱う必要がある。

    曹長は10分間で12発の弾丸を放ったが、3発目で、高さ1.9m・幅1.25mの標的に命中させた。

    今回の射撃のため、ベンジャマン曹長は下記の装備品を使用した。

    ・仏メーカー「アルメカ社」のカスタム・ライフル(曹長専用に組み立てられたもの)
    ・カリバー408Cheytac弾(10.3mm)
    ・スコープ:Vortex Razor HD GEN2 (4.5-27×56)

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201612

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新
    試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘
    米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ
    無人機の動作を妨害できる対ドローン用ウェアラブルジャマー「PITBULL」
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)
     アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新 (2018-07-11 11:59)
     試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘 (2018-07-09 13:18)
     米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ (2018-07-06 20:26)
     無人機の動作を妨害できる対ドローン用ウェアラブルジャマー「PITBULL」 (2018-07-04 12:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop