NEWS

「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?

海外軍事

Photo from Armée française
アフガニスタンやマリの戦場で、ライフルグレネードを使用するフランス兵を目にすることが多い。グレネードランチャーが主流の21世紀において、銃口に取り付けて発射するライフルグレネードはマイナーであり、米国の軍事情報サイト「War is Boring」によると、フランス軍と陸上自衛隊だけがライフルグレネードを多く所有する数少ない軍隊であるとのこと。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    tir de grenade à fusil
    現在、多くの軍隊がライフルグレネードからグレネードランチャーへとシフトしている。M203やMk19のほうが多くのグレネードを携行でき、より速いペースで発射でき、反動による痛みも少ないからである。ライフルグレネードは反動が強く、正しい撃ち方をしないと肩にアザができたり、跳ね上がったリアサイト部分で顔を負傷することがある。

    ライフルグレネードが少なくなっている別の理由に、対戦車のロケットやミサイルの普及が挙げられる。フランス軍にも「ミラン」や「エリックス」、「ジャベリン」といった対戦車ミサイルがある。それにもかかわらず、ライフルグレネードを多用している。その理由はコストパフォーマンスであると考えられる。

    フランス軍の「APAV40」というライフルグレネードは100mmの装甲を貫通する威力がある。T-55戦車であれば、側面と後方の装甲を破ることが可能だ。高価なミサイルでなくても撃破できる。T-55は現在もアフリカ諸国で使用例があり、フランス軍が実戦で遭遇する可能性はある。7万8千ドルのジャベリンミサイルを使うより、200ドルのライフルグレネードを使うほうが良い。フランスの逼迫した国防費を考えると、ライフルグレネードのコストパフォーマンスは高い。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201708

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表
    陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」
    マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開 (2017-09-19 19:15)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」 (2017-09-15 17:30)
     ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表 (2017-09-14 16:51)
     陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」 (2017-09-14 12:47)
     マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定 (2017-09-13 17:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop