仏軍の新型小銃「HK416F」が「MR223 F-S」「MR223 F-C」として民間販売へ。銃砲店で34万円の値札

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Credit photo ©Légion étrangère
フランス軍に向けて納入が進められている新型小銃「HK416F」。国内銃器専門雑誌の「Retex MAG」は、その民間版モデルの販売が動き出したことを伝え、スタンダード版が「MR223 F-S」、ショート版が「MR223 F-C」と名付けられ、それぞれ30挺、50挺の限定生産になると報じている。

関連記事:
フランス軍の次期制式小銃は HK416F-C、HK416F-S。HK269F 擲弾発射器の納入も

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: MR223 F-S via RETEX MAG


    Photo: MR223 F-C via RETEX MAG
    民間向け販売を手掛けるのは、フランスでヘッケラーアンドコッホ製品の輸入業を務めているルアグ社。既に国内のガンスミスらからの予約で注文が埋まっているようだ。

    フランス国内の銃砲店を検索してみると、「所持許可対象である」との表示と併せて、14.5インチのMR223 F-Sが2,594ユーロ(=約33.7万円)、11インチのMR223 F-Cが2,580ユーロ(=約33.5万円)の値札を付けていることが確認できる。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    米国で退役空母をバトルの舞台にしたMil-Simイベント、「Operation High Tide」が開催
    スペインの「GROM」リエナクターが活動5周年記念の映像を投稿
    マグプル社から正式承認済の「M-LOK」に対応したICSエアソフトの新製品「CXP-MMR」シリーズ
    VFCが2018年度版の製品カタログで「G3A3」のガスブローバックモデルを発表
    LCTがPKP電動エアガンを6月に発売すると予告
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     米国で退役空母をバトルの舞台にしたMil-Simイベント、「Operation High Tide」が開催 (2018-01-17 14:09)
     スペインの「GROM」リエナクターが活動5周年記念の映像を投稿 (2018-01-16 17:54)
     マグプル社から正式承認済の「M-LOK」に対応したICSエアソフトの新製品「CXP-MMR」シリーズ (2018-01-15 20:19)
     VFCが2018年度版の製品カタログで「G3A3」のガスブローバックモデルを発表 (2018-01-15 19:46)
     LCTがPKP電動エアガンを6月に発売すると予告 (2018-01-12 16:57)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop