NEWS

イラク・モースルでダーイッシュ (IS) 討伐支援のために展開中のフランス軍特殊部隊の映像

海外軍事
フランスのテレビチャンネル、フランス 2 の取材チームが 15 日、イラク北部の都市モースルにおいて、ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 討伐作戦に参加のために展開中のフランス軍特殊部隊の様子を報じた。取材時の映像はその後、国際ニュース専門チャンネルであるフランス・ヴァン・カトル (FRANCE 24) において公開されている。(映像後半部は政治情勢のニュース)

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    イラク・クルド部隊による進撃の裏側で、200 名のフランス軍兵士が、イラク軍の精鋭兵士らと共におよそ 2 年間に渡り滞在。訓練の提供や戦術指南をおこなってきた。

    フランス軍特殊部隊のイラク派兵における主な任務は諜報活動。ダーイッシュと対峙する最前線の危険地帯に展開しているが、直接的な (戦闘) 行動に移すことは決してなく、その役割は、イラク軍に対して目標ポイントの支援や、探索、分析、敵の仕掛けた爆弾の除去や破壊を支援するにとどまっているという。

    映像には、ダーイッシュのスナイパーが陣取っていたとみられる狙撃部屋や、市内に張り巡らされているとされる複雑な迷路仕掛けの様子などが垣間見れる。また、墜落した無人機の残骸を調査し、回収している様子も確認できる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop