グリップの根元から折り畳め、携帯電話サイズへコンパクト化。「Full Conceal M3 - Glock 19」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
銃を隠して他人に見えないよう携帯する、いわゆる「コンシールド・キャリー」関連の製品を手掛けている「フル・コンシール(Full Conceal)」から、実銃グロック19をベースとした独創的な製品が発売される。

関連記事:
【実銃アクセサリ】携帯性を重視した超コンパクトなグロックフレーム「FC-G17」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Full Conceal
    「Full Conceal M3 - Glock 19」と名付けられ、特許出願中のこの製品。9mm弾×23発の収納を可能とながらも、携帯電話ほどのサイズへとコンパクトに折り畳めることが最大の特徴となっている。


    Photo from Full Conceal


    Photo from Full Conceal
    コンパクト化のカギを握っているのが、グリップ部分でぶった切られたその構造にあり、トリガーガードが折り畳み時にヒンジの役割を担っている。そしてその簡単な操作によって、本来のピストルとして成立した形状に戻すことができる。

    現在のところまだ「プロトタイプ」に過ぎないため、実射時の強度面での不安を払拭するためにも、素材や機能性、デザインさえも変更の余地を秘めているようだ。

    一方でメーカー側は公式サイトを通じて、早くもプレオーダーを受け付けている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop