グリップの根元から折り畳め、携帯電話サイズへコンパクト化。「Full Conceal M3 - Glock 19」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
銃を隠して他人に見えないよう携帯する、いわゆる「コンシールド・キャリー」関連の製品を手掛けている「フル・コンシール(Full Conceal)」から、実銃グロック19をベースとした独創的な製品が発売される。

関連記事:
【実銃アクセサリ】携帯性を重視した超コンパクトなグロックフレーム「FC-G17」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Full Conceal
    「Full Conceal M3 - Glock 19」と名付けられ、特許出願中のこの製品。9mm弾×23発の収納を可能とながらも、携帯電話ほどのサイズへとコンパクトに折り畳めることが最大の特徴となっている。


    Photo from Full Conceal


    Photo from Full Conceal
    コンパクト化のカギを握っているのが、グリップ部分でぶった切られたその構造にあり、トリガーガードが折り畳み時にヒンジの役割を担っている。そしてその簡単な操作によって、本来のピストルとして成立した形状に戻すことができる。

    現在のところまだ「プロトタイプ」に過ぎないため、実射時の強度面での不安を払拭するためにも、素材や機能性、デザインさえも変更の余地を秘めているようだ。

    一方でメーカー側は公式サイトを通じて、早くもプレオーダーを受け付けている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop