TMC製ガラクタック・プロジェクト風のメッシュ式フェイスマスク

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

海外のエアソフト関連通販ショップサイトに、奇抜なデザインが光るヘルメット取付型のメッシュ式フェイスマスクが紹介された。3月に向けた新商品として紹介されており、その商品情報からはTMC製であることが示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from GalacTac Project
    マスクは外観のデザインからも、2016年度の米国ショットショーで話題をさらった、「ガラクタック・プロジェクト(Galac-Tac Project)」による現代版タクティカル仕様のマンダロリアン・ショックトルーパー・アーマーに触発されたものであることが窺える。

    関連記事:
    現代版タクティカル仕様にアレンジした「マンダロリアン・ショック・トルーパー・アーマー」

    ガラクタック・プロジェクトは、アーティストでありデザインを手掛けたライアン・フラワーズ(Ryan B. Flowers)氏と、米国の著名なタクティカルメーカー各社が「サイエンスフィクション(SF)とタクティカル装備の融合」をコンセプトに掲げてローンチした企画。

    本家ガラクタックは、その公式通販サイトをオープンしており、そこにはヘルメットと専用チークのセットが365ドル(=約42,000円)で販売されている。

    一方で今回のメッシュ式マスクは、オプスコア(OPS-Core)タイプのヘルメットに対応し、カラーはウルフグレイ、ブラック、コヨーテブラウンの3色展開となることが示され、価格はいずれも22.95ドル(=約2,600円)が提示されている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop