TMC製ガラクタック・プロジェクト風のメッシュ式フェイスマスク

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

海外のエアソフト関連通販ショップサイトに、奇抜なデザインが光るヘルメット取付型のメッシュ式フェイスマスクが紹介された。3月に向けた新商品として紹介されており、その商品情報からはTMC製であることが示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from GalacTac Project
    マスクは外観のデザインからも、2016年度の米国ショットショーで話題をさらった、「ガラクタック・プロジェクト(Galac-Tac Project)」による現代版タクティカル仕様のマンダロリアン・ショックトルーパー・アーマーに触発されたものであることが窺える。

    関連記事:
    現代版タクティカル仕様にアレンジした「マンダロリアン・ショック・トルーパー・アーマー」

    ガラクタック・プロジェクトは、アーティストでありデザインを手掛けたライアン・フラワーズ(Ryan B. Flowers)氏と、米国の著名なタクティカルメーカー各社が「サイエンスフィクション(SF)とタクティカル装備の融合」をコンセプトに掲げてローンチした企画。

    本家ガラクタックは、その公式通販サイトをオープンしており、そこにはヘルメットと専用チークのセットが365ドル(=約42,000円)で販売されている。

    一方で今回のメッシュ式マスクは、オプスコア(OPS-Core)タイプのヘルメットに対応し、カラーはウルフグレイ、ブラック、コヨーテブラウンの3色展開となることが示され、価格はいずれも22.95ドル(=約2,600円)が提示されている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
    「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布
    エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用?
    ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)
     「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布 (2017-08-08 13:38)
     エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用? (2017-08-08 12:26)
     ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始 (2017-08-04 16:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop