NEWS

ドイツ連邦軍のG36後継小銃は2019年春にも選定か。より具体的なスケジュールが報道に

海外軍事

Photo: ©Bundeswehr/Jane Schmidt
This photo is for illustration purposes only.
ドイツ連邦軍(Bundeswehr)のG36に替わって制式化される次期小銃の調達に関して、より具体的なスケジュールが明らかとなっている。ポーランドの銃器専門誌ミルマグを情報元として、米国の銃器専門サイトであるザ・ファイアーアーム・ブログ(TFB)が報じている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ミルマグによると、「G36の後釜を狙った動きは既に始まっている」とし、「試験と評価がこの7月から始まっている」とのこと。また、「2018年12月から翌2019年4月に掛けて、連邦軍は選定事業者について審議し、5月にも決定に漕ぎ着ける計画」「最終試験と部隊トライアルは翌年に渡って続けられ、2020年9月に配備が始まる」「新型小銃は過渡的対応の製品ではなく、2046年まで制式小銃として指定される見込み」であることが示されている。

    加えてTFBでは、「興味深いことに、SSB(System Sturmgewehr Bundeswehr)プログラムは新型小銃を5.56mmか7.62mmかのいずれかを特定するものではなく、メーカー側の決定に委ねている」ことが併せて記されている。

    「シュトルムゲヴェール・システム」計画については既報の通り、欧州連合の入札電子日報において、2億4,500万ユーロ(=約292億円)の初度契約費用が計上されていた案件で、決定がなされれば、およそ12万挺とレーザーライトモジュール、リフレックスサイトなどの付属品の供給が見込まれる。

    関連記事:
    ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動


    Photo: RS556


    Photo: SIG MCX


    Photo: HK433
    現在までに①オーストリアのステアー・マンリッヒャー社とドイツのラインメタル社が共同で提案中の新小銃「RS556」をはじめ、②シグサワー社の「SIG MCX」、③大本命と目されているヘッケラーアンドコッホ(Heckler & Koch)社から投入される新型ライフル「HK433」の名前がその候補リストに挙げられている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に
    米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討
    ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に (2018-01-16 14:52)
     米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討 (2018-01-16 13:10)
     ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる (2018-01-16 11:26)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開 (2018-01-12 19:49)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop