NEWS

ドイツ連邦軍の「G36」後継小銃コンペは『HK433』と『MK556』の一騎打ちか

海外軍事 Comments(0)

Photo from Bundeswehr
This photo is for illustration purposes only.
ポーランドの軍事雑誌「ミルマグ(MILMAG)」が、「ドイツ連邦軍の次期制式小銃を狙った選定レースは、『HK433またはMK556 Gen.2のいずれかで決まる』」と報じている。

Photo: HK433


Photo: MK556
G36後継小銃を巡っては、昨年秋の時点で①ラインメタル&ステアー社の合同提案「RS556」、②ヘッケラーアンドコッホ社「HK433」「HK416」、③シグ・サワー社「SIG MCX」、④FNハースタル社「SCAR-L」、⑤ヘーネル・ディフェンス(Haenel Defense)社「MK556」の参戦が報じられている。

関連記事:
ドイツBAAINBwがシュトルムゲヴェール計画の「招待状」を相応な事業者に対して発送

その後、11月末には「技術要件がHK社に有利だ」と不満を漏らしたシグ社がレースからの離脱を正式表明。ミルマグによると、ラインメタル社も「台所事情」を理由に撤退したとのこと。ラインメタル社は、豊富な軍納入実績を持つことから、ロビー活動における最強の刺客とみられ、大本命のHK社に風穴を開ける可能性があるとみられていた。

関連記事:
ドイツ軍のG36後継小銃選定レースからシグ社が離脱を表明。「技術要件がHK社に有利だ」と不満を漏らす

国内報道をはじめ大方の予想はHK社に傾いているようにみえる。その為、「出来レース」という表現も散見されるが、120,000挺、2億4,500万ユーロ(=約325億円)という大型案件のヘーネル社による一発大逆転があるのか、今後の動向が注目される。

Source: Dwóch następców G36

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop