G&Gアーマメントからエアソフトゲーム用のタレス製LUCIEスタイル第2世代クラスNVGが発売予定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ドイツ・ニュルンベルクで開催中の展示会「IWA 2017」(現地時間3月3日~6日)において、台湾エアソフトメーカーのG&Gアーマメント社が、注目のエアソフトゲーム用ナイトビジョンゴーグルを発表した。

関連記事:
台湾 G&G アーマメントが 2017 年最新カタログの中で仏タレス製「LUCIE」型ナイトビジョンゴーグルを発表

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screen shot from G&G Armament official 2017 catalog
    本製品は、ここミリブロNewsでも既報の通り、今年1月に公開された同社製品カタログ2017年度版の中で紹介されていた、フランスのタレス(Thales)社製「LUCIE」の外観を真似たバイオクラー (bi-ocular) 式ナイトビジョンゴーグル。

    カタログ紹介の当初は、その製品写真に1/6スケールフィギュアらしきモデルのフェイス部分が使われていたことから、実寸大での製品化に対して懐疑的な意見が散見されたが、今回の展示で「完動品」としての発売が決まった。

    IWAの会場レポートをおこなったエアソフト関連メディアによると、このLUCIEスタイルのナイトビジョンゴーグルは「第2世代、第2世代+」のクオリティーとなり、価格は800~1,000ドル(=約91,000円~114,000円)辺りになるだろうとのこと。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
    「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布
    エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用?
    ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)
     「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布 (2017-08-08 13:38)
     エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用? (2017-08-08 12:26)
     ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始 (2017-08-04 16:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop