NEWS

ドイツ BAAINBw が軍特殊部隊用に G36 に替わる新たなアサルトライフル取得を求めた入札要項を提示

海外軍事

Photo from Bundeswehr Karriere
軍事情報サイト IHS ジェーンズが、ドイツ連邦軍装備情報技術運用庁 (BAAINBw: Bundesamt für Ausrüstung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) における入札情報をソースとして、軍が特殊部隊用に新たなアサルトライフルの取得に関心を抱いていることを報じている。

関連記事:
ドイツ軍用ライフルでの採用を狙う SIG SAUER の新型小銃「SIG MCX」
現在、陸軍特殊部隊 KSK (Kommando Spezialkräfte) と海軍特殊部隊 KSM (Kommando Spezialkräfte Marine) で利用されているヘッケラー&コッホ (Heckler & Koch) 製 G36 からのリプレイスを図る目的とのこと。精度低下に端を発したメーカー対政府側による一連の騒動が影を落としているとも考えられそうだ。

関連記事:
ステアー社とラインメタル社 ドイツ軍にG36自動小銃の後継「RS556」を提案

来月 9 日にも締め切られる予定の入札要件には、5.56x45 mm NATO 弾を使用するガスオペレート式であり、単発・連発を備えていることが掲げれている。

購入予定数は 1,750 挺、1,160 万ドル (=約 13 億 3,000 万円) 規模の案件になるとみられ、2019 年 6 月 28 日までの完納が求められている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop