NEWS

ドイツ・ベルリン警察 H&K社のVP9を制式拳銃に採用 シグ社のP6をリプレイス

海外軍事 Comments(0)

Photo from Berlin Polizei
This photo is for illustration purposes only.
ドイツのベルリン警察が制式拳銃として新たにH&K社の9mm口径拳銃VP9を「SFP9 TR」として採用し、37年に渡って使用してきたシグ社のP6(P225の制式名。P220のコンパクト版)をリプレイスする。2018年1月から月に2,000挺、合計24,000挺を調達する。同時に私服警官など向けにサブコンパクト版である「SFP9 SK」を450挺調達する。

関連記事:
ドイツ警察部隊への納品が進むシグ・サワー社の新型アサルトライフル「SIG MCX」
「SFP9」は「ストライカーファイアのP9」の意。 「TR」は「技術ガイドライン適合」を指す。警察向けにトリガープルがやや重たい30-35Nに調整されている。アメリカでは「VP9」の名称で売られている拳銃だが、ヨーロッパでは既にB&T社が獣医用ピストル(Veterinary Pistol)として同名の製品を販売しているためこれを避けたようだ。

「SFP9 TR」。H&K社としては初めてとなるモダンなストライカーファイア式拳銃「VP9」をベースとしている。

Photo from H&K

「SFP9 SK」。フレーム・グリップ長とも短縮したサブコンパクト版。

Photo from H&K

「SFP9」はバレル長やトリガープル以外にもマニュアルセイフティの有無やマガジンリリースのレバー/ボタンの違いなど色々パターンが用意されている。こうしたレバー類は左右いずれからでも操作できる他、既存のH&K P30の弾倉が流用できるなど汎用性の高い拳銃である。

Photo from H&K

Source: Neue Dienstpistole: Berliner Polizei erhält H&K SFP9 TR | SEK-Einsatz.de

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop