NEWS

ドイツ・ベルリン警察 H&K社のVP9を制式拳銃に採用 シグ社のP6をリプレイス

海外軍事

Photo from Berlin Polizei
This photo is for illustration purposes only.
ドイツのベルリン警察が制式拳銃として新たにH&K社の9mm口径拳銃VP9を「SFP9 TR」として採用し、37年に渡って使用してきたシグ社のP6(P225の制式名。P220のコンパクト版)をリプレイスする。2018年1月から月に2,000挺、合計24,000挺を調達する。同時に私服警官など向けにサブコンパクト版である「SFP9 SK」を450挺調達する。

関連記事:
ドイツ警察部隊への納品が進むシグ・サワー社の新型アサルトライフル「SIG MCX」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「SFP9」は「ストライカーファイアのP9」の意。 「TR」は「技術ガイドライン適合」を指す。警察向けにトリガープルがやや重たい30-35Nに調整されている。アメリカでは「VP9」の名称で売られている拳銃だが、ヨーロッパでは既にB&T社が獣医用ピストル(Veterinary Pistol)として同名の製品を販売しているためこれを避けたようだ。

    「SFP9 TR」。H&K社としては初めてとなるモダンなストライカーファイア式拳銃「VP9」をベースとしている。

    Photo from H&K

    「SFP9 SK」。フレーム・グリップ長とも短縮したサブコンパクト版。

    Photo from H&K

    「SFP9」はバレル長やトリガープル以外にもマニュアルセイフティの有無やマガジンリリースのレバー/ボタンの違いなど色々パターンが用意されている。こうしたレバー類は左右いずれからでも操作できる他、既存のH&K P30の弾倉が流用できるなど汎用性の高い拳銃である。

    Photo from H&K

    Source: Neue Dienstpistole: Berliner Polizei erhält H&K SFP9 TR | SEK-Einsatz.de

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop